ワタベウェディングに依頼して、ラスベガス「リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト」で結婚式を挙げた、30代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代男性
挙式場所 ラスベガス
式場名 リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト
宿泊先 プラネット ハリウッド リゾート&カジノ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 50万円
実際にかかった費用総額 旅費:25万円
挙式代金:18万円
オプション:18万円
費用総額61万円
オプション料金の内訳 アルバム:14万円
リハーサルメイク:3万円
新郎ヘアセット&メイク:1万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・靴・タキシードについてはレンタルで対応しました。できるだけ予算を抑えたかったこともあり、必要以上の出費はしないようにしました。ティアラ、ピアス、ネックレス等のアクセサリーは、レンタルも拝見しましたが、気に入ったものがなかった様子だったので、妻が自分で選んで購入しました。

結婚式の様子(画像)

チャペルの前で撮りました。当日は雲一つない晴天のもと、ポージングしています。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト前でのウエディングフォト

チャペルの外観です。緑の芝生の中に、落ち着いた雰囲気のチャペルがあります。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観

写真撮影中、観光バスがお祝いのクラクションを鳴らしてくれ、搭乗者からもお祝いの言葉をいただき、手を振って応えています。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観2

ラスベガスの街並みを背景にしています。日本にはない風景が広がっています。
ラスベガスのツアーフォト

チャペルの中の様子です。落ち着いた雰囲気の中にも厳格さを感じます。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの内装

海外挙式をしようと思ったきっかけ

私の実家と妻の実家が離れていたことにより、挙式の場所をどこにするか悩んでいました。私の実家の近くにするのか、妻の実家の近くにするのか、または中間距離にするのかなど、なかなか結論が出ませんでした。

2人とも「結婚式にあまり費用はかけたくない」という思いは一致していて、日本国内だと親族だけの挙式でも費用が嵩むことを考え、2人だけでハネムーンを兼ねて海外で挙式したほうが安く抑えられるのと、友人にも海外で式を挙げた人がいなかったので、思い出深い結婚式になると思い、海外挙式にしました。

ワタベウェディングを選んだ理由

プロデュース会社は特にこだわりがありませんでした。インターネットで調べ、クチコミの評価が高かったことや、当時キャンペーン中で挙式費用が抑えられそうだったことから、ワタベウェディングに決めました。

ただ、旅行会社でも海外挙式プランがあったので、プロデュース会社と旅行会社を比較し、トータルで費用を抑えるために、旅行会社とプロデュース会社は別に契約しました。

先に旅行会社の方で旅行日程を確定させ、その日程の任意のタイミングに挙式を組み込む形にしました。

当日の流れ

宿泊ホテルまでプロデュース会社のスタッフに迎えに来てもらい、現地店舗内のサロンで8:15より新婦のヘアセット&メイクが始まり、9:45より新郎のヘアセット&メイクをしました。

着替え・ヘアセット&メイク完了後は、手配したリムジンに乗って式場に向かいました。挙式の前に牧師・現地スタッフを含めてリハーサルを行い、11:00に挙式となりました。

式自体は15分前後で終わり、挙式後は写真撮影となりました。2人だけだったので、親族の集合写真撮影もなく、スムーズに撮影ができました。

リムジンで現地店舗に戻り、着替えを済ませ、宿泊ホテルまで送っていただき、結婚式は終了しました。その際、妻がブーケを持っていたのを見た宿泊ホテルのボーイさんから「Congratulations!」と、お祝いの言葉をいただきました。

式場(リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト)の感想

リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観2

50年以上の歴史を重ねたクラシックなチャペルで、アメリカの歴史的建造物に認定されています。大きな通りに面していますが、緑豊かな芝生や木々があるので、とても落ち着いた雰囲気です。

また、挙式当日は雲ひとつない晴天だったので、緑の芝生と真っ青な空がとても印象的でした。

チャペル自体は木造です。アットホームな感じもありつつ、ランプに灯された空間がとても幻想的でした。2人だけの挙式でしたので、あくまでも感じたことですが、もし参列者がいたら、建物自体はあまり大きくないため、参列者との距離も近く、厳格な雰囲気がありつつも、どこかホッとするような空間だと思います。

ハリウッド・スターも挙式をするなど、現地でも人気のあるチャペルです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

特にこだわりはありませんでしたが、印象に残っていることはあります。

挙式が終わってチャペルの前で写真撮影をしていた時に、観光バスが通りかかり、赤信号で停車しました。その時、お祝いのクラクションが鳴り、バスに乗っていた観光客もお祝いの言葉をかけてくれました。

2人だけの挙式の為、どこか寂しさもありましたが、見知らぬ土地で見知らぬ人からお祝いをしてもらえたのは本当に嬉しく、挙式から数年経ちましたが、今後も忘れることはありません。

さらに、宿泊ホテルのボーイさんからも「Congratulations!」のお祝いの言葉をかけてもらい、ラスベガスという街全体でお祝いをしてもらえたように感じ、幸せなひと時を過ごすことができました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

当時住んでいた県内にプロデュース会社の店舗が無く、打合せや衣装合わせの都度、県外の店舗まで行かなければいけませんでした。

また、現地に着いてから、時差ボケが治らないままリハーサルメイクと挙式に臨んだので、体力的にも厳しい状況でした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

日本に帰ってきてからゲストを集めての披露宴やパーティーをしなかったので、ひっそりと挙式が終わった感じがしました。

日本国内の挙式であれば、一生に一度の晴れ舞台を様々なゲストの方に見てもらい、お祝いしていただけますが、その機会を設けなかった事を少し後悔しています。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観

まず、海外挙式に決める際には親族の同意を得てから決めるべきかと思います。

海外挙式になると、ゲストを呼ぶのにも、交通費や宿泊費など、新郎新婦側にも負担がかかったり、また遠方なため、ゲスト側の体調(高齢者は呼べなかったり)を考慮しなくてはならなかったりと、呼ぶ人数に限りが出てしまう所が難点かと思います。

式の参加者が少人数だと、日本での挙式と比べ、どうしても軽く感じてしまい、厳しい家柄では良く思われない可能性もあるので、そこは理解してもらう必要があるかと思います。

それを踏まえた上で、海外挙式を望むのであれば、ゲストを最小限の人数に抑え、招待できなかった方の為に、後日、二次会のようなパーティーを開いたり、披露宴をやると良いかと思います。

また、身内には改めて挨拶に伺うなど、結婚は2人だけのものではないということを念頭において行動をとられた方が良いと思います。

それから、式場は下見ができないので、クチコミやプロデュース会社などでしっかり情報収集をすることをお勧めします。

海外挙式は、新婚旅行感覚でリーズナブルに手間を取らずに式を挙げられるメリットがある反面、まだまだ挙式は国内という文化が根強いため、周りの声に耳を傾けつつ、納得のいく挙式にしていくことが、とても大切だと思います。