JTBウエディングに依頼して、オアフ島「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 JTBウエディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ
宿泊先 ハレクラニ
参列者 2人+家族(計6人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 300万円
実際にかかった費用総額 旅費:150万円
挙式費用:200万円
費用総額:350万円
オプション料金の内訳 なし
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

チャペルの外観写真です。ガラス張りになっていてとても綺麗です。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外観

チャペルの内装です。白を基調とした明るい内装になっています。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの内装

牧師さんに誘導してもらい誓いの言葉をお互いに言っているところです。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの挙式の様子

チャペルの外でアルバム用にポーズをとりながら撮影をしました。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外でのウェディングフォト

式場の様子とドレスとタキシードのデザインがよくわかる1枚です。
ドレスとタキシードの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

自分の両親がハワイで結婚式を挙げていて、その事を聞いていたので、小さい頃から漠然と自分もハワイで結婚式を挙げたいという思いがありました。

そして、いつしかハワイで結婚式を挙げ、ハワイに両親を招待したいというのが夢になっていました。

また、友達などの結婚式に参加する度に、日本で挙げる結婚式では席順に音楽など、色々決めないといけないし、ムービーの制作をしたり、会社の上司の挨拶をしてもらったりと、準備が大変でした。

そういった式は自分には合っていない、自分は親族だけのアットホームな式がしたいという思いが強くなり、より海外挙式への願望が強くなりました。

JTBウエディングを選んだ理由

お付き合い中に、お互い結婚を意識し始めるようになり、相手にハワイ挙式の希望を伝えていました。そして、旅行会社に置いてあったウェディングプランのパンフレットを参考にと、手に取って見始めたのがきっかけです。

旅行会社のセットプランにすれば、式も旅行も合わせて決められるのでいいと思い、そのまま旅行会社のプランを選びました。

自分達だけでなく、家族を招待するので、費用は関係なく、自分のなかで最も信頼できると思ったJTBウエディングを選びました。

当日の流れ

当日は朝ホテルの部屋に、現地のメイク担当(日本人)の女性が1名来てくださり、その場で希望を聞いて、新婦のメイクとヘアセット、その後新郎のヘアセットをしてくれました。

そして、その場でドレス、タキシードに着替え、部屋を後にしました。ホテルのロビーで家族と対面し、その後、新郎新婦はリムジンで、家族は送迎バスにて、それぞれ式場に向かいました。

ホテルから式場までは車で1時間ほどかかりましたが、運転手さんが気さくに話しかけてくれて、景色やハワイについて教えてくれたので楽しめました。

式場に着くと、先に到着していた家族に出迎えられながら車を降り、新郎新婦だけ部屋で初めて式の流れを教えてもらいました。私は軽く父とバージンロードを歩く練習くらいはしましたが、ほとんど何も練習などしないぶっつけ本番の式でした。

神父さんやスタッフの方の誘導してくれたので、一通りこなすことができました。

フラワーシャワーで式場からビーチに出て、両親へのレイの贈呈や記念撮影をしました。その後、会場にて会食パーティーをし、終了後に再びホテルに戻りました。

式場(コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ)の感想

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外観

式場は海に面していて、当日は天気も良かったので最高のロケーションでした。

式場の中は白を基調としていて、太陽の光と青空、バックのビーチと、全体が明るくて、パンフレットで見たのと変わらないくらいとても綺麗でした。式の最中もビーチを見ることが出来るし、ビーチをバックにした写真はとても素晴らしかったです。

また、市街地から離れていることもあり、ワイキキビーチほど観光客で溢れかえっているということはなく、観光客が写真に入り込むことも少なかったです。新郎新婦のウェディングフォトの時も周りの目を気にすることなく、撮影に臨めたので良かったです。

そして、隣接しているパーティー会場の料理も、シェフが腕を奮って下さっていて、美味しくて満足できました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの挙式の様子

当日に初めて流れを聞いて、事前に決めたことと言えば、ドレスやアクセサリーくらいで、ほぼ準備なしの式でとても楽でした。

参列してくれた家族の服装も、スーツやドレスではなく、現地でムームーやアロハシャツを調達して、着てもらいました。お土産にもなるしみんなの記念となったようです。

その姿を見て、ハワイで式を挙げたんだなと、より実感することが出来ましたし、楽しくて華やかな気分になりました。

また、両親へは花束ではなくレイを首にかけてあげて、ハグしてこれまでの感謝を伝えました。全く堅苦しくないアットホームな式で、みんなで一緒になって楽しめて良かったなと思いました。

海外だったので、誓いのサインが英語で記入しないといけないという点だけ、少し緊張したのが印象に残っています。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

現地にあるドレス(日本で選んだドレスと同じデザイン)を前日に最終試着して確認したり、当日に全てその日の流れを教えてもらって…だったので、かなりぶっつけ本番的な所があり、少し戸惑いました。

現地までのフライトや時差による疲労もあり、肌のコンディションを損なわないように、とても気を使いました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

一つ悔やまれたのが、当日に打ち合わせなしで式に望んだので、ウェディングベールを下げてくれたのが式場の担当者の方でした。

私は母にしてほしかったし、母もしたがっていたのですが、事前に伝えていなかったからか、海外挙式はそういう風習はないのか、あっという間に下ろされ、式が始まってしまいました。

この点だけは、きちんと段取りしておけば良かったと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外でのウェディングフォト

日本での挙式と異なり、事前の打ち合わせや準備がない分、気楽で形式ばらない式を挙げることができます。

そして何より、旅行も同時に出来るので、自分たちだけでなく、参列者の方にも楽しんでもらうことができ、一緒に思い出作りをすることができます。

とはいえ、フライト出来るかや、当日の天気などはその時にならないと分からないし、打ち合わせや準備も少ないので、きちんと式が出来るかなという不安はあると思います。

なので、現地との連携がしっかりとれていて、現地でもしっかりサポートしてくれる信頼できる会社を選ぶことが大事だと思います。また、譲れない点やこだわりなどは事前に伝え、確認しておくことをおすすめします。

その他、フライトや時差など、環境が変わるので、体調管理や肌のメンテナンスをしっかりして、当日の式に万全の状態で臨めるように管理を徹底することが大事です。

最後に、結婚指輪など、式で使う自身で持参しないといけないものは取りに帰れないので、絶対に忘れないように気をつけて下さい。