H.I.S.アバンティ&オアシスに依頼して、オアフ島「パラダイスガーデン・クリスタルチャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 H.I.S.アバンティ&オアシス
年齢と性別 30代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 パラダイスガーデン・クリスタルチャペル
宿泊先 ワイキキ ビーチコマー by アウトリガー
参列者 2人+家族(計7人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 挙式代金:20万円
オプション料金:70万円
旅費:270万円
費用総額:360万円
オプション料金の内訳 ドレスグレードアップ:13万円
ブライダルインナー:4万円
タキシードグレードアップ:10万円
ケーキカット:4万円
バルーンリリース:3万円
会食:28万円
車代:8万
衣装のレンタル or 購入 すべてレンタル

結婚式の様子(画像)

ホテルからリムジンに乗ってパラダイスガーデン・クリスタルチャペルに到着し、さっそくリムジンとチャペルとの写真撮影。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペル前でのリムジン撮影

パラダイスガーデン・クリスタルチャペルで式を挙げる花嫁は必ずやるショット。光が差し込みこのチャペルで挙げる特権の一つ。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペルの内装

高い天井にはシャンデリア。広さはそんなにないため、少人数のゲストでも違和感はありません。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペルの結婚式

チャペル目の前の手つかずの岩場。ビーチ撮影もこのチャペルのと特権です。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペル前のビーチでのウエディング写真

フラワーシャワーをしないかわりにバルーンを持ってのチャペル前での撮影。なかなか珍しいと思います。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペルでバルーンを持って撮影した写真

手を放すタイミングで強風が吹いてバルーンはバラバラに飛んで行ってしまいましたが、みんなカメラを忘れてその瞬間を楽しんでる感じが気に入っています。
パラダイスガーデン・クリスタルチャペルのガーデンでのウエディング写真

砂浜ビーチ撮影ができなかった代わりに、線路での撮影ができました。
ハワイの線路でのウエディング写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

全く海外挙式に憧れを抱いたこともありませんでした。結婚式自体はしたいという願望はありましたが、30代後半にもなるとそれすらもなくなっていました。

夫もバツイチ2回目のため、友達も呼べないし、「やるとしてもお互いの家族だけ呼んで、こじんまりとだね」と言っていました。

それとは別で旅行したいという話をしていた時に、お互いハワイに行ったことがないということになり、行こうかと。

「じゃあハワイで式挙げちゃう?」とノリで話していました。ハワイなら家族だけ呼んでこじんまりと家族孝行もできるしと。

半ば冗談で言っていたのですが、お互いの両親に言ったら乗り気になり、ハワイに行けることを楽しみにしてくれてしまい、正直後に引けなくなりました。

そして、ハワイ挙式を推し進めることになりました。

H.I.S.アバンティ&オアシスを選んだ理由

どの会社がいいのかなどは全然分からなく、何を基準に選んだらいいのか分からなかったので、ゼクシィに掲載されていたハワイのチャペルの写真を片っ端から見比べて、気になる所を3つまで絞り込みました。

その3つのチャペルをプロデュースしている会社は全部違うのですが、H.I.S.ならすべて取り扱ってることが分かりました。

自分たちだけではなく、家族分の旅行の手配もしなければならず、しかも日取りも直近で準備期間が短かったので、挙式も旅行も一括で手配してもらえるH.I.S.に行きました。

そこで気になっていた3つのチャペルの説明を受け、そのなかでも一番気になっていたチャペルでの挙式がセールで安かったので、そのまま決めてしまいました。

当日の流れ

朝、ホテルの部屋にコンシェルジュさんが来てくださり、持ち物チェック。続いてヘアメイクさんが来てくださり、ヘアメイクと着付けをしてもらいます。

準備ができたらホテルの1階へ下りて、リムジンに乗り込み、式を挙げるチャペルに出発します。同時刻にゲストの家族も別のリムジンに乗り、出発します。

チャペルに到着後、リムジンを降りる所からカメラマンさんの写真撮影スタート。

新郎新婦だけ先にチャペル内に入り、リハーサルと本番では撮れない1人ずつや手元の近距離の写真撮影が同時進行で進みます。

一通り終わったら、すぐ本番スタート。新郎はそのままチャペルに残り、控室で待機していたゲストも中に入ります。

新婦だけ横の出口から外に出て、新婦父と入り口で待機し、挙式が始まります。

エスコートを父、ベールダウンを母にやってもらいましたが、2人は控室にいるときに段取りの指示を受けたそうです。

挙式が終わり、チャペル前で全員との写真撮影。その後、一旦新郎新婦だけチャペル内に戻り、この後のビーチ撮影に備えて、新婦はビーチサンダルに履き替えます。

そして、チャペル横のガーデンに出てケーキカット。広い庭の方に出て、手つかずの岩だらけのビーチで新郎新婦だけの写真撮影。

庭に戻り、家族ごとの写真撮影とバルーンリリースをしました。そして、チャペル横に併設されている会場で食事パーティ。

後半、お手洗いとともに新郎はパンツをハーフパンツに履き替え、ベストもリバーシブルの反対にし、足元はビーチサンダルにお着換え。

新婦はヘッドドレスをティアラから花のバレッタに替え、ベルトも色付きのサッシュベルトに変更して、ちょっとしたお色直し。

パーティ会場に戻り、最後の挨拶をして、再びチャペルの外に出て写真撮影。

ここでゲストの皆さんとはお別れで、先に新郎新婦がリムジンに乗り込み、近くのビーチへ2回目のビーチ撮影に行きます。

本当なら砂浜のビーチでの撮影なのですが、この日はアザラシが出産をしたということで出入り禁止になってしまい、岩場のビーチというより、ちょっとした崖のようなところでの撮影になってしまいました。

撮影が終わったらリムジンにてホテルまで送ってもらい、部屋でのお着換えはコンシェルジュの方に手伝ってもらい、片付けまでやってもらいました。

式場(パラダイスガーデン・クリスタルチャペル)の感想

パラダイスガーデン・クリスタルチャペルの結婚式

写真で見て一目ぼれでした。ハワイでやるからには目の前が海のチャペルでやりたいというのが一番。

そして、なるべくうるさくない、周りに人がいないところを探していました。ここはそんな理想にぴったりで、なおかつ広い緑の庭があるところが魅力的でした。

当日、実際にチャペルに到着すると、思っていたよりこじんまりとした印象でした。

でも、外観は写真で見たまんま。ゲストも家族だけの少人数なので、大きすぎなくてちょうどよかったです。

チャペルの中も前面がガラス張りで外がよく見え、側面もガラスなので日差しが入ってとても明るく、白い壁と木の椅子と外の景色の緑と青と、すべてが雰囲気を作っていて、キレイでかわいらしいチャペルでした。

外に出ると、だだっ広い緑のガーデンが広がっていて本当に気持ちがよく、ヤシの木もいい感じに生えているので南国感がとてもよかったです。

このチャペルのある地域は晴天率90%と言われるくらい晴れるようで、この日もハリケーンの影響で風がすごく強かったのですが、天気は良く、空の青と海の青とガーデンの緑とチャペルの白がとてもきれいでした。

独立チャペルなので、一般の人も近くにいることもなく、理想的な場所でした。

また、ガーデンには全身緑色のトカゲや野生のマングースが出てきて、本当に自然がいっぱいのチャペルでした。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

パラダイスガーデン・クリスタルチャペルでバルーンを持って撮影した写真

オプションを選んでる時に、バルーンリリースの風船がハト型なのに目を惹かれました。

ハワイでは環境のことを考えてバルーンリリースは禁止されているのですが、このチャペルでは環境に問題のないバルーンを用意してくれて、リリースができるのです。

しかも、ただの丸い風船ではなく、白いハトの形なのにも惹かれました。

フラワーシャワーは高いうえに一瞬で終わるし、ゲストの人数も少ないため、あまり映えないかなと思っていて、また催し物はケーキカットだけの予定だったので、バルーンリリースは写真にも収められるし、ゲストも一緒に参加できるし、即決しました。

このバルーンの形ですが、白いハト型の他に、ハート型のピンクと白の全部で3種類から選べました。

ハトが一番良かったのですが、少し色味があってもいいなと思い、私たち新郎新婦だけピンクのハート型にしてもらえるよう交渉しました。

当日、チャペルの前でもバルーンを持っての撮影をしてもらい、ガーデンに出てのリリース。

リリースの掛け声は、急遽夫が指名され、何も考えてなかった夫はいきなり「じゃあ、レッツゴー!」と始めてしまいました。

出来たら「レッツゴーって言ったら手を放しましょう」とか、段取りを言ってくれたらよかったのに、急に始まってしまったのでみんな手を放すタイミングがバラバラに。

しかも、ハリケーンの影響による強風で、あっという間に海の向こう側に飛んでいってしまい、思い描いていたバルーンリリースにはなりませんでした。

でも、それはそれで面白かったので思い出にはなりました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

もともとノリでハワイ挙式できたらいいなぁから始まりましたが、実際やると決めたら「甥っ子姪っ子が学生で受験の年になってしまうから、やるならこの夏休みしかチャンスない!」となり、2ヶ月で準備しました。

その夏休みもお盆の時期を外して、予定のある日を外して…、となったらこの日程でしか行けない。そして、世の中夏休み中だから旅費が高い。

せっかく来てもらうのにケチったホテルじゃ申し訳ないし、せっかくならオーシャンビューがいいし、全員同じホテルがいい。でも、とにかく高い。

また、お互いの家族が関東からと関西からなので、飛行機の手配も別々で空いてるところを探さないといけない…。と、一番大変だったのは旅行の手配でした。

個人で探した方が安いプランもあるのでしょうが、急ぎで決めなければ行けなかったのと、私たちだけではなく家族の分がしっかりしたものでないと心配だったので、H.I.S.さんで担当の方と何時間もホテル選びをして、なんとか決まりました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

一番後悔してるのは姿勢です。もともと猫背気味の私は、日本にいた時から気をつけなくちゃなと思っていました。

しかし、当日は生理前の体が重くなっている時で、またバタバタと流される間にスケジュールが進み、写真撮影も進んでいき、姿勢を正すという意識にまで頭が回りませんでした。

写真データを見るとやっぱり猫背気味…。

せっかくのドレスなんだから、もっとキレイに立ってスタイル良く見せられるだろうに、ちょっと前のめりになってしまう首、丸まっている肩。

スタイルが悪く見えて、めちゃくちゃ後悔です。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ハワイの線路でのウエディング写真

まず、挙式をしようか悩んでいるなら、した方が絶対いいです。

正直、お値段的には高いです。でも、あんなに自分に注目が集まって主役になれる日はそうそうないし、それが本当に嬉しく、楽しい日になります。

そして、挙式をするとして、家族だけでと考えているなら、海外挙式は本当におすすめです。

正直、旅費も含めると高いです。私たちは家族の旅費も持ったので、とんでもないことになりました。それでもやってよかったと心から思います。

大人になると家族旅行をする機会もなかなかないし、今までお世話になった両親へのお礼もかねてのプレゼントという意味も込めて手配しました。

旅行も兼ねているので、ただ日本で挙式をするだけより、お互いの家族との距離も縮まったように感じます。

また、2ヶ月でも準備できました。すごく結婚式に憧れを抱いていて、こだわりがあって、手作り感がある結婚式をしたいのであれば、もっと準備期間は必要でしょうが、そこまでこだわりもなく、最低限できればいいと思っていたら、流されるまま、できました。

もちろん、チャペル選び、ホテル選びから始まり、オプションや料理を決めるにも、ドレス、タキシードを決めるにも、自分たちの意見もありつつ、担当してくれた方の提案にのることも多くありました。

正直、オプションなど、ささいなことでも、つければつけるほど金額は跳ね上がっていくのですが、お金もうけで勧めてくるのではなく、私たちのやりたい挙式を実現できるように支えてくれているのが分かりました。

ドレス選びも、人によっては何社も回って何着も試着すると思いますが、私は1回目の試着で3着着て、そのうちの1着目にすぐ決めてしまいました。

それは、試着する前に担当の方に好みを言って、それに合ったものを出してもらったからです。

海外挙式はチャペルを下見することもできず、写真で想像するしかないため、実際の現物を見ているスタッフの意見を大いに参考にしたほうがいいと思います。

最初はエタニティドレスにしようと思ったのですが、「チャペルの天井が高く、光がたくさん入り込むから、ボリュームがあったほうが映えます」と言われました。

実際試着してみて、エタニティも本当に素敵だったのですが、写真を撮ってもらって周りから見たドレス姿を見たとき、Aラインの方があのチャペルには合うと思いました。

自分で「これ!」と決めて満足するのもいいですが、周りから見た眼というのも大事だなと思いました。

何度も言ってしまいますが、お金はとてもかかります。なので、削ってもいい部分と、どうしてもやりたいことを明確にしていくことが大事です。

ケチりすぎて、後から後悔してはもったいないです。人生のうちにこんなにお金をかけることはそうそうないので、後悔のない結婚式を挙げることを第一に進めていってください。