ワタベウェディングに依頼して、オアフ島「ロイヤルハワイアン ウェディング」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ロイヤルハワイアン ウェディング「ヘルモアガーデン」
宿泊先 ロイヤル ハワイアン ホテル
参列者 2人+家族+親戚+友人(計20人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 140万円
実際にかかった費用総額 旅費:25万
挙式代金:80万円
オプション料金:20万円
費用総額:125万円
オプション料金の内訳 装花:3万円
写真:7万円
印刷物:5万円
サービス料:5万円
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

ガーデン挙式ですので会場はかなりアットホームな雰囲気でした。
ロイヤルハワイアン ウェディングの様子

牧師は外人の方でしたが、とてもスピーチはうまかったです。
ロイヤルハワイアン ウェディングでの新郎新婦・牧師の様子

リラックスした雰囲気で夫の誓いの言葉を聞くことができました。
ロイヤルハワイアン ウェディングでの挙式の様子

夜のパーティでは本場のダンスを見せてくれました。
ロイヤルハワイアン ウェディングでの夜のパーティ写真

途中で休憩もあり、夜のパーティも順調に終わりました。
ロイヤルハワイアン ウェディングでの夜のパーティーの挨拶をしている様子

海外挙式をしようと思ったきっかけ

8年くらい前になりますが、身内が海外挙式を行う際に、私も親戚として参列しました。

その時に海外挙式を初めて見ましたが、ハワイで行う結婚式はとてもロマンチックに見えて、私も結婚する時は挙式もハネムーンも夫と一緒にハワイでやりたいと思いました。

それと、自分で調べた結果、海外挙式の方が国内挙式に比べて打ち合わせや準備が簡単な上に、費用がリーズナブルなのもわかりました。

ヨーロッパやアメリカ本土などと比べると、ハワイは日本から近いので移動が楽だったのも大きな理由になります。

ワタベウェディングを選んだ理由

数年前になりますが、ワタベウェディングは海外リゾ婚のエリアが広く、私が希望していたハワイでの挙式プランも色々とあったので、こちらのプロデュース会社を選びました。

私も夫も、家族や親しい友人だけを招待して、少人数でアットホームな雰囲気の挙式を楽しむつもりでした。ワタベウェディングが少人数用の希望通りのプランを用意してくれたのが有難かったです。

オプション料金を含めても、国内で結婚式をする場合に比べて格段に安く、最初に決めた予算以内で式を挙げることができました。

当日の流れ

結婚式当日は、朝起きた後にヘアメイクの方がホテルに来てくれて、メイクをしてくれました。服装の準備ができた後に、出発前にホテルのエントランスでカメラマンによる写真撮影が行われ、撮影が終わったら、結婚式会場へ行きました。

会場に着いたら、挙式のリハーサルを30分ほどして、次にブーケの持ち方や歩く位置などを確認します。その後、ゲストが待つ中で式を挙げて、フラワーシャワー後にゲストの方と写真を撮りました。

それから会食ですが、少人数でも会食ではアットホームな雰囲気が楽しめました。ここで一旦休憩タイムを挟む予定でしたので、ホテルに戻ってメイク直しができました。少し疲れていたので、ここでの休憩タイムは有難かったです。

休憩タイム後には、夕方のウェディングパーティに参加して、本場ハワイのダンスを見ることができました。

式場(ロイヤルハワイアン ウェディング)の感想

ロイヤルハワイアン ウェディングの様子

アットホームな雰囲気の挙式をしたいなら、ガーデン挙式の方がいいと思います。緑に囲まれたガーデンウェディングと違って、堅苦しくないので終始リラックスができました。

式場では南国の青い空も見ることができ、気候もあたたかいので夕方でも寒くなるような事はなかったです。

牧師は外国の方ですが、とてもスピーチがうまく段取りもスムーズに進めてくれました。飾り付けや演出も自由に出来る式場でしたので、夫とも相談して、思い通りの飾り付けや演出ができました。

食事は、ハワイの名物料理からケーキにワインも用意してもらい、日本人用にお寿司まで出してもらえました。天ぷらや蕎麦のような日本食はないですが、ゲスト方も喜んで食べてくれたのが嬉しかったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ロイヤルハワイアン ウェディングでの夜のパーティ写真

普通の結婚式だとお昼くらいにスタートして夕方に終わる事が多いですが、私たちの場合は夜もウェディングパーティをやったので、普通の結婚式と比べて少し長かったです。

挙式後、そのままロイヤルハワイアンの美しいガーデンで、ゲストとアットホームなパーティができるようにセッティングをしました。

せっかくのハワイでの海外挙式でしたので、夜のパーティには現地の人にハワイ本場のフラダンスやファイアーダンスもしてもらいました。これにはゲストも楽しんでくれたと思います。

特に、夜に見せてもらえた本場のファイアーダンスはかなり迫力があり、面白かったです。

国内挙式のようにスクリーンで思い出の映像などは流せませんでしたが、それとは違う楽しみ方ができたと思います。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

式場の準備や日程の調整はプロデュース会社がしてくれたので、そこまで大変では無かったですが、海外挙式ですので本番まで式場を実際に見ることはできませんでした。

旅費の関係もあり、身内や親戚を除いたゲストをそこまで呼ぶ事もできなかったです。その為に、夫の親戚やゲストを含めて挙式の参列者の人数は合計で20人くらいでした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

海外で挙式をした後は、そのまま現地で新婚旅行をする予定でした。しかし、挙式の事で頭がいっぱいだったせいか、新婚旅行のスケジュールをしっかり決めていなかったのが盲点でしたね。

それと、挙式の翌日は夫も私も疲れてしまったせいか、宿泊先のホテルでぐったりしていたのをよく覚えています。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ロイヤルハワイアン ウェディングでの夜のパーティーの挨拶をしている様子

海外挙式は旅費がかかって呼べる人数も制限されてしまいますが、費用がリーズナブルなので、あまり結婚式にお金をかけたくない人にもおすすめです。結婚式が終わった後にそのまま新婚旅行のスケジュールも組めるのもメリットのひとつです。

それと、ハワイの場合は、式場の演出サービスにフラダンスをつけたりする事で、現地ならではのパフォーマンスをゲストの方に楽しんでもらえます。

最近だとハワイだけなく、パリ、ヨーロッパ、グアムサイパンアメリカなどで海外挙式をするケースも多いようですが、そこでも現地ならではの料理や演出サービスをプランに組み込めると思うので、こういうのも海外挙式のひとつの楽しみですね。

海外旅行をしたことが無い人だと、海外挙式と言ってもピンと来ないかもしれませんが、現在では様々なプロデュース会社が海外の人気リゾートエリアを紹介してくれるので、そこまで難しく考える必要は無いと思います。

リゾ婚はリーズナブルなプランも多いので、国内挙式のプランを見る前に海外挙式プランも見ておいて損は無いですね。