アールイズ・ウエディングに依頼して、オアフ島「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」で結婚式を挙げた、30代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 アールイズ・ウエディング
年齢と性別 30代男性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 キャルバリー・バイ・ザ・シー教会
宿泊先 ハレクラニ
参列者 2人+家族+親戚+友人(計11人)
現地パーティー あり
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:120万円
挙式代金:20万円
オプション料金:60万円
ドレス:50万円
費用総額:250万円
オプション料金の内訳 ブーケ:3万円
乾杯:2万円
レイ:2万円
アルバム:30万円
メイク:5万円
ロケーションフォト:18万円
衣装のレンタル or 購入 新郎側のシャツ(2万円)のみ購入しました。あとは全てレンタルです。

結婚式の様子(画像)

その造りから、一般的な教会とは違った特有の歴史と神聖さを感じさせます。
キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の外観

入り口の前の道から歩いて入場。草木も空も本当に綺麗でした。
キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の外観2

古い建物ながら非常に綺麗に整備されており、年季の入った木に歴史を感じることができました。
キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の内装

式場は本当に静かで、すぐ側の海から波音だけが聞こえてきます。
キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の結婚式の様子

教会の裏手のスペース。大自然が広がっており、最高のロケーションの中、皆で乾杯や歓談を楽しみました。
家族とのウェディング写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

夫婦共々、もともとあまり披露宴のような派手なことが好きではなく、身内で小さく式を挙げたいという想いで一致していたことと、妻には式はリゾート地などでドレスを着て写真を撮りたいという希望があった為、必然的に海外挙式を選ぶ形となりました。

同時に、今までお世話になった両親や兄弟含め、家族全員に何か恩返しという形で楽しんでもらえるような場所で選定したところ、やはりハワイが日本語だけでも十分に楽しめるということもあり、ハワイに決定することにしました。

アールイズ・ウエディングを選んだ理由

アールイズ・ウエディングの店舗が、大阪のショッピングモールの中にあったのですが、当時私もそのモールの中でアパレル店のショップ店員として働いていました。

数奇な縁がありまして、そのプロデュース会社の社員がもともとアパレル関係の出身であり、私の上司と面識があったということで紹介して頂きました。同年代ということもあり、意気投合し、友人としてつながりを持っていました。

それから2年ほど経ち、実際に式を挙げる際に、是非そちらでお願いしたいという形で選びました。

当日の流れ

式は午前10時からのスタートだったので、3時間前から新婦側の着替えとメイクが入りました。その間、新郎側は約2時間程フリーになります。

式の1時間前に式場到着、ホテルよりリムジンで向かいました。参列者は既に新郎新婦到着前に現地入りしていますので、到着後、リムジンから降りる所で写真撮影。

そこからはほぼ間もなく、リハーサルが始まり(約15分)、そして間髪入れず、式がスタートしました。

誓いなどを済ませ、そこからはオプションで乾杯やブーケなどを手配しておりましたので、教会外にてしばし歓談(約1時間)、それぞれで写真を撮るなどしました。

その後、参列者は一度退場し、併設の控え室にて30分ほどメイク直し、そして教会周りのフォトスポットにて数枚の写真を撮って頂き(15分)、再びリムジンに乗ってロケーションフォトへと向かいました。

ロケーションフォトは移動も含めて約3時間を費やし、そしてホテルに戻ったところでパーティ(約2時間)を開いて終了となります。

式場(キャルバリー・バイ・ザ・シー教会)の感想

キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の内装

いわゆるワイキキなどの中心部よりは少し離れた田舎の中に位置しているので、喧騒や人通りもなく、とても静かだったことが印象に残っています。

波の音が聞こえ、当日は幸いにも快晴に恵まれ、空と海の青はどこまでも広がり、そして草や木々は青々しく活力に溢れ、その中にある歴史を感じる教会は非常に神々しく感じました。

式場の奥に壁はなく、そこからはハワイの海が見渡せます。事前に、そういった教会はここにしかないと聞いていましたが、実際に見た景色は本当に雄大で、他では絶対味わえないと確信しました。

式場内はシーズンにもよりますが、当時はフラワーデザイナーによる内装デザインが入っておりましたので、主張し過ぎず、かつ文字通り挙式に花を添えるという形で、環境全てに祝福されているという気持ちになり、非常に雰囲気が良かったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

家族とのウェディング写真

式の終了後に他所でパーティなども行いましたが、やはりその式場特有の雰囲気を参列頂いた家族や友人にも味わって頂きたく、終了後は少しお時間を頂き、一面の海を見渡せる丘になっている式場の裏手にて、乾杯を行い、歓談しました。

レイ(首に掛ける花輪)をそれぞれの両親にかけ、ハグをするなど、ある意味、ハワイや海外でしか恥ずかしくて出来ないような形で、今までの感謝を示すことができ、自分たちだけでなく、できるだけ参加して頂いた皆が楽しんで頂けるようにこだわりました。

それぞれの両親も、どちらかといえば内向的なのですが、その場では明るく談笑したりと、参列して頂いた皆が笑顔で、そして本当に美しい海や空などの景色が広がっているという、すごく幸せに感じた瞬間として、強く印象に残っています。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

国内での準備に関しては、新婦のドレス選びなどは、やはり人生に一度きりなので非常に時間がかかって大変でした。

現地ならではで大変だったのは、リハーサル(入場から誓いまで)が当日の式の始まるほんの数分前に一度きりという形だったので、覚えるのも大変でした。

式場も当然下見もできていないので、リハーサルの段階から既に本番の緊張があり、非常に大変だったという印象があります。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

費用の関係もあったのですが、式終了後のロケーションフォトでの衣装替えを行わなかったことは少し後悔しております。

実際の式ではいわゆるフォーマルな装いで、ロケーションフォトでは例えば新郎はショートパンツにスニーカーなど、衣装替えを行う方も多いというのは知っていたのですが、そのまま式と同じ衣装で撮影しました。

帰国後、でき上がった写真は本当に素晴らしく、それだけに式中とは違う衣装で写真に残したかったという心残りがあります。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

キャルバリー・バイ・ザ・シー教会の外観2

まずは月並みですが、一般的に人生に一度きりの思い出になるので、事前の準備は絶対に妥協しないことです。特に費用や予算ももちろんネックになってきますが、悩んだ末に結局妥協したことや断念したことは終わってから絶対に後悔します。

少しでも悩んだり、やりたい、取り入れたいと思ったオプションなどは、ある程度費用面で辛くても、実現可能の範囲内であれば、取り入れた方が良いと思います。

そして、ハネムーンも兼ねての挙式を考えている方は、できれば式は現地入りした次の日を強くおすすめします。

スケジュールはタイトになってしまいますが、やはり式が終わるまでは緊張もしますし、式のことで頭がいっぱいになってしまうので、例えば滞在の3日目などに式を入れるとその前の2日間は思うように観光や滞在を楽しめないと思います。

早い段階で式を終え、そこからであれば全て開放された状態でハネムーンを思い切り楽しむことができると思います。

自分たちが楽しんで最高の思い出にするのはもちろんですが、もしご家族やご友人もご一緒にあれば、皆さんも最高の思い出にできるような式になることを願っています。