ワタベウェディングに依頼して、オアフ島「コオリナ・チャペル アクア・マリーナ」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 コオリナ・チャペル アクア・マリーナ
宿泊先 ハイアットリージェンシー ワイキキ ビーチリゾート&スパ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円前後
実際にかかった費用総額 旅費:36万8千円
挙式代金:15万円
衣装代:38万円
オプション料金:11万9千円
費用総額:101.7万円
オプション料金の内訳 ヘアメイク:3万5千円
ブーケ:2万円
ビーチフォト撮影:5万円
ハワイ旅行中のツアー代:1万4千円
衣装のレンタル or 購入 ウェディングドレス・新婦の靴・タキシード・新郎の靴はレンタル。
花嫁のアクセサリー(ティアラ・ネックレス・ピアス)は自分で探して購入。

結婚式の様子(画像)

式場の外観全体と新郎新婦の挙式前の入場する際に撮ってもらった後姿です。
コオリナ・チャペル アクア・マリーナの外観

挙式会場の内装と新郎新婦の誓いをする際に撮ってもらった写真です。
コオリナ・チャペル アクア・マリーナの内装

式場まわりが撮影場所になっており、緑がたくさんある写真映えスポットです。
コオリナ・チャペル アクア・マリーナのフォトスポット

式場近くのビーチに移動して撮影した場所で海がとてもきれいな場所でした。
コオリナ・チャペル アクア・マリーナ近くのビーチフォト

空と海が撮影できるビーチ撮影場所になっており、丘のようなところで撮影しました。
ハワイでのビーチフォト

ビーチで小物を使用した撮影をしてもらい、自分で作った小物を生かしたポーズを決めてもらいました。
LOVEの小物を使ったビーチフォト

海外挙式をしようと思ったきっかけ

できるだけ費用を抑えた挙式がしたいと夫婦で思っていたところ、知り合いが「海外挙式は満足度が高いのに費用も抑えられる」と教えてくれたので興味を持ちました。

新婚旅行はハワイに行きたいと夫婦で決めていたので、挙式と新婚旅行を一緒にすることで費用も抑えられて、新婚旅行の行き先も叶えられるので海外挙式にしようと決めました。

挙式の参列者に家族を呼ぶか、2人のみで挙式を行うかをとても迷いましたが、国内で1.5次会をし、家族と友達を呼ぶアットホームなスタイルのパーティーにすると決めて、家族には国内で参加してもらうことにしました。

海外挙式は私たちにピッタリだと思いました。

ワタベウェディングを選んだ理由

まずは、旅行会社に海外挙式について話を聞きに行きました。たくさんのプランの中から、私たちに合ったプランを3つほど提案していただきました。

自分たちが気に入ったチャペルがあり、このチャペルだとこのプロデュース会社と決まっていたため、ワタベウェディングさんにすることにしました。ドレスなどの打ち合わせを行う店舗が比較的通える距離にあったのも選んだ理由の一つです。

ワタベウェディングのカタログも事前に見せていただき、雰囲気も素敵だったのでお願いすることに決めました。

当日の流れ

ハワイのビーチをバックに撮った写真

朝7時頃にヘアメイクの方がホテルの部屋まで来てくださり、新婦のヘアメイクをしてくださりました。その後、新郎はタキシードを、新婦はウェディングドレスを着せてもらいました。

ホテルには挙式城までリムジンを運転してくれる運転手の方が迎えに来てくださり、気さくに話しかけてくれたので緊張することなく、楽しく移動できました。

チャペルに到着すると、「軽い打ち合わせをする」と言われ、牧師さんと打ち合わせをしました。結婚指輪やブーケの確認、挙式の流れなどを確認して、入場するところからスタートです。

私たちは参列者のいない2人だけの挙式だったため、自分たちのペースに合わせて進めてくれました。写真撮影もしながらの挙式だったので、笑顔溢れる楽しい挙式になりました。

2人だけでも、牧師さんやスタッフの方が一緒に写真を撮ってくれたりと、とても賑やかな挙式でした。その後はビーチに移動して、ロケーションフォト撮影をしてもらいました。

式場(コオリナ・チャペル アクア・マリーナ)の感想

コオリナ・チャペル アクア・マリーナの内装

海が見える景色がとても素敵で選んだ式場だったので、景色がとても素晴らしかったです。海が見えて緑もあって、とてもきれいな景色でした。

全体的にガラス張りになっており、白と水色で統一されていて統一感もあり、写真で見ていた以上に、自分たちの理想の挙式会場でした。内装もリボンがたくさん使われており、とてもかわいらしかったです。

牧師さんやスタッフの方もとても優しく話しやすい方々ばかりで、歌を歌ってくれたりと、2人だけの挙式だったのにとても楽しい挙式になりました。

ビーチまでの距離もとても近くて、挙式を出てすぐのところもビーチもきれいな景色になっており、どこで写真を撮っても写真映えのする挙式会場で、とても満足して挙式を終えることができました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

2人でポーズを決めているウェディングフォト

とにかく景色がきれいな挙式会場だったので、海が見える景色をバックに挙式会場内で写真をたくさん撮ってもらいました。

近くにあるビーチで撮影するときも、後ろにあまり人が入らないように撮影していただき、海と空を活かした写真をたくさん撮ってもらいました。

自分たちで事前に作って持っていったフォトプロップスや、事前に購入して準備しておいたハートのサングラスなどの小物を使ってビーチで撮ってもらった写真はとても写真映えしていて、景色もきれいに撮れており大満足です。

海だけでなく緑の場所もあり、木々を活かした撮影や海外風の背景を活かした写真もたくさん撮ってもらったため、国内で見ても、どの写真も海外リゾート感が出ていて、挙式に参列していない家族にも挙式の良さを伝えられました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

自分でアクセサリーや挙式後のフォト撮影で使う小物などを持っていくことにしていたため、小物などは荷物の中でかさばってしまい、荷物が多くなってしまいました。そのため、行き帰りの移動の際に荷物を運ぶことが大変でした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ウェディングドレスをレンタルしたのですが、写真を撮ってみると、景色がきれいすぎて、ウェディングドレスはもう少し安めのドレスでも良かったかな?と思いました。

ドレスにお金がかかっていたため、安いものにしていれば費用も抑えられたなと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

緑をバックにしたウェディングフォト

打ち合わせでは、当日の流れなども念入りに聞いておくことで、当日に焦ることがなくなります。

当日にどんな人が何時頃に自分たちのところに来て何をしてくれるのか、現地で担当の人と会えないなどのトラブルがあった時はどう対応したら良いのかなど、確認しておくと良いかと思います。

打ち合わせではアクセサリーや小物なども購入することを勧められますが、自分で国内で準備した方が断然安く収まる為、自分で購入したり作ることをおすすめします。

100円ショップなどで材料を揃えて作れる物もたくさんあるため、自分で材料を揃えて作れば、さらに自分だけの挙式になるかと思います。

その場合、キャリーバッグなどに荷物をつめていくかと思いますが、鞄の中で壊れてしまう場合にも備えて、接着剤や予備の部品なども一緒に持っていくと、壊れていても焦ることがないと思います。

ドレスなどを持ち込む際は、ハンガーも忘れずに持っていくことをおすすめします。