H.I.S.アバンティ&オアシスに依頼して、グアム「アクアステラチャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 H.I.S.アバンティ&オアシス
年齢と性別 30代女性
挙式場所 グアム
式場名 アクアステラチャペル
宿泊先 ヒルトン グアム・リゾート&スパ
参列者 2人+家族(計11人)
現地パーティー あり
国内パーティー あり
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 130万円
実際にかかった費用総額 旅費:69万円
挙式代金:120万円
オプション料金:7万円
費用総額:196万円
オプション料金の内訳 挙式中の選曲リクエスト1曲:1万円
タキシード持込料:1.5万円
ヘアチェンジ1回:2.5万円
写真撮影データDVD-Rコピー(特急料金):2万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・靴はレンタル。アクセサリーは私物。タキシードは専門店からレンタル。

結婚式の様子(画像)

アクアステラチャペルの外観です。とても小さい可愛いチャペルです。
アクアステラチャペルの外観

ブーケとそのリボンはプランの中から選ぶことができます。私はチャペルに合わせて白い花と青のリボンにしました。
白いブーケと青のリボン

内観です。真っ白で透明感があるチャペルで海一面が見渡せます。
アクアステラチャペルの内観

アクアステラチャペルの挙式ならではの砂のセレモニーです。お互い、砂を取り合って混ぜ合わせることで両家が1つになるということらしいです。
アクアステラチャペルの砂のセレモニー

挙式中に指輪の交換をし、その後に撮影した写真です。挙式後もたくさん写真を撮りました。
指輪の交換の写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

私と主人はリゾート地が好きというわけではなく、家族のことを考えて海外挙式が良いと思いました。

私と主人の家族は、お互い遠方に住んでいるので、公平に考えて、また行きやすさを考えて、海外(グアム)で挙式をしようと思いました。

私たちは30歳を超えていましたので、友達をたくさん呼んでワイワイと盛大に行うのではなく、家族のみでゆったりと華やかに式を挙げ、パーティーもお互いの家族とゆっくり過ごしたいと思い、私たちにとって海外挙式は最適の選択でした。

H.I.S.アバンティ&オアシスを選んだ理由

H.I.S.が主催するリゾートウェディングのブライダルフェアを定期的に行っているのをインターネットで知り、参加したのがきっかけです。

そこにはワタベウェディングアールイズウェディングなどの会社がプレゼンテーションをしていました。

私の希望として、緑いっぱいのガーデンがある可愛いチャペルが良いと思っていました。

アールイズウェディングの営業さんがアクアステラチャペルを提案してくれて、丁寧に説明してくれたので、そこに決めました。

日本ではH.I.S.アバンティ&オアシスが手配をしてくれて、グアムではアールイズウェディングのスタッフが対応していました。

当日の流れ

朝7:30にヒルトンホテルで私がヘアメイクをスタートし、ドレスに着替えました。

8:30頃、主人がタキシード・髪型のセットを始めました。

9時頃ファーストミートをしました。9:30に、ウェディング撮影をヒルトンホテル内、移動のベンツの中、ビーチで行いました。

10時に控え室に戻り、私はヘアチェンジをし、10:30に挙式が始まりました。

30分ほどで挙式が終わり、11時には、チャペル内とチャペル前のガーデンで家族一緒に撮影をしました。その後、家族はチャペルの隣にあるパーティー会場で待機、私たちはチャペル内や正門前、海に隣接しているガーデンでさらに撮影がありました。

11:30頃にパーティーを2時間ほど行いました。ウエディングケーキカット、歓談、両親へのプレゼント、DVD披露を行いました。

式場(アクアステラチャペル)の感想

アクアステラチャペルの外観

真っ白なチャペルで小さくて可愛い教会でした。内観は、大きい窓が一面にあり、全体的に真っ青な海が見えるようになっていました。

中にいても海の音が聞こえてくるくらい、海がすぐ側にありました。隣接しているパーティー会場も、海とガーデンが一面に見えて、夢のような気分でした。

ヒルトンホテルからは歩いて3分くらいの距離だったので、家族も移動しやすかったと思います。

すごく良い式場でしたが、リゾートウェディングのデメリットとして、式場を前もって見ることができないという点があります。決める前に現地に行くことはできないので、日本で写真のみを見て式場を決めなくてはならないところが悪い点かもしれません。

挙式本番で初めて式場を見るので、ドキドキしながら「内観はこんな感じなんだぁ」と思っていました。

ただ、緊張で挙式もあっという間に終わったので、細かく見ることはできなかったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

国内での準備の際、主人は音楽にこだわりがあり、挙式で流れるウェディングソングの選曲に対してかなりシビアでした。

入場、誓いの言葉、退場と、それぞれの曲を選曲をするのですが、音楽の著作権の問題もあり、H.I.S.スタッフから「限られた曲しか流せない」と言われ、選曲に時間がかかりました。

どうしても使いたいクラシックの曲があり、オプション料金を払うことで、なんとかお願いすることができました。

また、アクアステラチャペルでは、オルガン演奏者1人とシンガー1人が用意されており、主人はシンガーは男なのか女なのか、どういう声なのか、曲に合った声なのか気になっていました。

スタッフは「シンガーはシフト制なので当日誰になるか分からない」と言っていたので、主人は少々不安になっていました。

実際の本番では、私はものすごく緊張していたので、シンガーが男性だったか女性だったか覚えていません。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

挙式前日が大変でした。夕方にグアムに到着したのですが、飛行機の影響で遅延になり、リハーサル時間のスタートが1時間ほど遅くなってしまいました。

リハーサル時間がずれたことで、その後の両家とのディナーにも遅れてしまいました。

その時が両家が初対面だったので、肝心の私たち2人が居ないことがとても申し訳なかったと思いました。

そんなこともあり、私たちは全く落ち着けず、慌しく、家族にも気を使いながらリハーサルを受けました。

リハーサルはヒルトンホテル内のミーティングスペースで行ったので、実際の式場を見ることができませんでした。

その時、当日の流れの説明を受けましたが、初めて聞くことも多く、「明日が本番なのによく分かんない…」と嘆いた思い出があります。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

現地(グアム)のスタッフは、日本にいるスタッフとお仕事のやり方が少し違うような気がしました。

グアムでは時間の流れがゆったりしているせいもあるのか、挙式後のパーティーの段取りもあまり良くなかったような気がします。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

指輪の交換の写真

家族挙式をするなら、断然海外挙式がおすすめです。二人のハネムーンにもなりますし、家族への親孝行にもなります。また、国内(特に東京都内)で式を挙げるより、グアムで挙式を挙げたほうが経済的にも安いです。

国内挙式とは違った、リゾートならではの、ゆったりとした夢のような時間を過ごせると思います。偶然にも、私の知人でグアムの同じアクアステラチャペルで式を挙げた人が3人いましたが、全員が「良かった!」と言っています。

デメリットとしては、実際に現地に行って下調べをすることができません。式場の外観、内観などの写真、ビデオを見て判断するしかないです。パーティー時の食事も事前に知ることはできません。

また、リハーサルも前日の夕方なので慌しく感じるかもしれません。グアムのスタッフは、リハーサル時に初めてお会いするので少々戸惑うことがあるかもしれません。

それでも、青い海と真っ白なチャペルで結婚式をできることは、とても素敵で特別で一生の思い出になります。