ワタベウェディングに依頼して、グアム「セント・プロバス・ホーリー・チャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 グアム
式場名 セント・プロバス・ホーリー・チャペル
宿泊先 ヒルトングアム・リゾート&スパ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:35万円
挙式代金:33万円
オプション:10万円
費用総額:78万円
オプション料金の内訳 ビデオ・DVD撮影:10万円
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

セント・プロバス・ホーリー・チャペルの外観です。小さいけれどお洒落でかわいい式場でした。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルの外観

ガラス張りの式場で開放感があり、とても素敵でした。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルの内装

外でのバルーンとばし。風が強くてこのときは大変でした。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルでのバルーンとばし

唯一こだわった手作りのリングピローです。2人の名前を入れて作りました。
手作りのリングピロー

海での撮影風景です。天気が良く、砂浜が白くてとてもきれいでした。
グアムのビーチフォト

レストランでの食事です。日本人シェフが作っているので、日本人向けの味付けでした。
グアムのレストランの日本人シェフによる料理

レストランからの夕日です。式を挙げたのは11月だったのですが、夏だともっと夕日が近くに見えるそうです。
グアムのレストランからの夕日

海外挙式をしようと思ったきっかけ

もともと結婚式に興味がなく、人を呼んだり式の準備を手配するのも面倒くさい性格だったので、結婚式を挙げるつもりはありませんでした。

結婚して2年目で、主人がやっぱり私にドレスを着せてあげたいと言いだし、「式を挙げるのが嫌なら新婚旅行も兼ねて海外で2人だけで挙式をしないか」と提案がありました。

目的は新婚旅行で、ついでに式を挙げるという感覚だったので、それなら色々自分が準備しなくて楽でいいかなぁと思い、海外挙式に決めました。

ワタベウェディングを選んだ理由

色んな会社をネットで調べていましたが、ワタベウェディングはクチコミも良く、リゾートウェディングの実績も多かったので、安心して任せられるかなと思いました。

海外に行くこと自体初めてだったので、分からないことだらけで、実際相談に行った時も、スタッフさんが皆さん優しくて、丁寧に説明をしてくれたのでわかりやすかったです。

オプション等、無理に色々勧めてくることもなく、自分達の予算に応じてプロデュースしてくれて良かったです。

当日の流れ

ホテル到着の翌日が挙式でしたが、ホテルまでスタッフの方が迎えに来てくれていました。

ドレスに着替え、ヘアメイクをしてもらいました。他にも海外挙式を挙げるカップルが何組か待っていて、ヘアメイクは流れ作業のような感じでした。

その後、リムジンで挙式会場まで向かいました。リムジンにはシャンパンがサービスで置いてありました。

チャペルではスタッフさん達が出迎えてくれて、入場から指輪交換までの流れを簡単に説明してくれ、歩き方や挨拶などの指導をしてくれました。

挙式後は写真撮影で海まで移動し、海で何枚か写真を撮りました。レストランで食事をして夕方には終了。帰りもホテルまで送ってもらいました。

ホテルの部屋に入るまでドレス姿だったので、色んな人に見られて少し恥ずかしかったです。

式場(セント・プロバス・ホーリー・チャペル)の感想

セント・プロバス・ホーリー・チャペルの内装

車でずっと山の奥まで登っていくとチャペルがあります。大自然の中にある、小さいけれどまさに海外の可愛らしいモダンなチャペルという外観でした。

アイアン調の門が印象的で、私はとても気に入っています。当日は天気も良く、ガラス張りで式場内に光がたくさん入って明るかったです。

何度か雲行きが怪しくなりましたが、それでも海と緑が一望できて開放感があり、とても素晴らしいロケーションでした。

内装も、木材と煉瓦調で作られていて、デザインのセンスが良かったです。2人だけの挙式や少人数でアットホームな挙式を挙げたい方には良い式場だと思います。

ただ、高台にあるチャペルだったので、風は強かったです。外で写真を撮っている間は、何回も強風で撮り直しをしました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

手作りのリングピロー

こだわりというほどではないですが、リングピローは自分で手作りしました。挙式日と二人の名前を入れて作ったので、記念に今でもずっと部屋に飾ることができています。

とにかくスタッフさんがキビキビと動かれていて、スムーズに進みました。

私が妊娠していて、少しつわりがあったのですが、ドレスを着るときに担当の方にあまりきつく締めないでほしいと伝えていました。

そのドレス担当の方が他のスタッフさんにも伝えてくれていたようで、挙式、写真撮影、食事と、場所場所で担当のスタッフさんが変わりましたが、スタッフが変わっても皆さん体調を気にかけてくださいました。

スタッフさんの連携の良さがとても印象深かったです。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

グアムは日本語が伝わるから英語がしゃべれなくても大丈夫と聞いていましたが、やっぱりある程度の英語力を身につけていくべきだったと思いました。

挙式のときは日本人スタッフなので問題ないですが、ホテルや街中の店員さんは日本語があまり通じず、こちらも片言の英語で対応したものの、注文したものと違うものが届いたりなんてことも結構ありました。

あと、初めての海外だったので、荷物をたくさん持っていきすぎました。1週間の滞在でしたが、服などは数枚にして、現地で買える物は現地で揃えた方が荷物が少なくて済んだなと、反省しました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式のときのヘアメイクです。日本の挙式と違ってヘアメイクの事前打ち合わせができず、当日その場で仕上げるので、あまり好みの仕上がりにはならなかったです。

多分、グアムは気温が高く、外での写真撮影も考慮して、メイクも厚塗りにしているのかもしれませんが…。

特に、私と主人は美容の仕事をしているので、メイク道具もプロ用を全て持っていたので、ヘアは主人にしてもらい、メイクは自分ですれば良かったなぁと思いました。

あと、ドレスも選べる種類が少ない気がしました。ドレスにこだわりがある方は物足りないかもしれませんね。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

グアムのビーチフォト

リゾートウェディングは開放感があって、距離感が近い感じがしました。

当初は2人だけの式でいいと思っていましたが、実際式を挙げると、2人だけで味わうのは少々物足りなさを感じ、家族を呼んでも良かったなぁと思いました。

あと、海外は日本のお菓子が喜ばれると聞いていたので、日本のお菓子をたくさん持っていき、ホテルのスタッフさん達にチップと一緒に配るとすごく喜んでくれて、こちらも嬉しかったです。

グアムはどこにいっても冷房がガンガン効いていて、室内がとても寒かったです。上着や長袖を持っていくと良いですね。外での写真撮影時はとても暑いので、日焼け止めはしっかり塗っていったほうがよさそうです。

また、私の場合は出発する4日前に妊娠が分かったので、キャンセルもできず、強行突破という感じでした。

もし海外で体調を崩したとき、妊婦さんは海外保険が適用外になります。飛行機の圧もかかって体がきつく、食事も日本食と違って味が濃く脂っぽい物が多いので、気持ち悪くて食べれないものが多かったです。

特に、ドレスを着ている時はコルセットもきつく、お酒も飲めなかったので楽しみがちょっと減って残念でした。

予定していた海でのレジャーも中止をせざるを得なかったので、妊娠されている方には海外挙式はおすすめできないなと思いました。