H.I.S.アバンティ&オアシスに依頼して、ラスベガス「リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 H.I.S.アバンティ&オアシス
年齢と性別 30代女性
挙式場所 ラスベガス
式場名 リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト
宿泊先 プラネット ハリウッド リゾート&カジノ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー 披露宴を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:50万円
挙式代金:30万円
オプション:20万円
費用総額100万円
オプション料金の内訳 アルバム:12.5万円
ビデオ撮影:5万円
リハーサルメイク:2万円
ブーケ:5000円
衣装のレンタル or 購入 衣装はレンタル。アクセサリー類は購入。

結婚式の様子(画像)

挙式の始まりの場面です。カメラマンさんがひたすら撮ってくれています。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの結婚式の様子

誓いの言葉の場面です。牧師さんが英語で話してくれますが、英語素人でもとても聞き取りやすいです。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの内装

教会前の写真です。道行く人に「おめでとう」と言われて満面の笑みです。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観

教会からH.I.S.の行き帰りはリムジンでした。とても良い思い出です。
海外挙式の送迎リムジン

アルバムも色々選べます。私はアルバムとビデオをオプションで選びました。
海外挙式のアルバム

海外挙式をしようと思ったきっかけ

おそらく一生に一度の結婚式なので、人と違うことがどうしてもしたくて、「海外で式を挙げたいね」と2人で話していました。

友達の一人がオーストラリアで式を2人だけで挙げていて、そのビデオも見せてもらったので、すごく幸せそうで羨ましかったです。私もいつか…と思っていて、話をしたら旦那さんも、自分も海外で式を挙げてみたいと賛成してくれました。

日数も考えて、アメリカで式を挙げることにしました。行き先は、お互い映画が大好きなので、ラスベガスにすぐに決まりました。

H.I.S.アバンティ&オアシスを選んだ理由

海外挙式に憧れていたけど、お互い貯金もあまりなく、なおかつハネムーンに組み込むことになるので、どこも高いなぁと思っていました。

そんな時に、たまたま話を聞きに行ったH.I.S.アバンティ&オアシスさんが、ラスベガスの挙式が60%オフになるキャンペーンをしていて、即決しました。奇跡みたいな偶然で、ここで挙げるしかないと思いました。

H.I.S.は大手ですし、現地での対応や保障もしっかりしていて、安心して決めることができました。

当日の流れ

ラスベガスに着いた日(式の前日)に、現地のH.I.S.のスタッフと当日の流れや衣装・持ち物についての打ち合わせをしました。それ自体は1時間もかからず終えたので、その後は普通に観光しました。

当日は朝ホテルまでスタッフの方が迎えに来てくださって、H.I.S.の店内でメイク、ヘアセット、着付けをしてくださいました。

メイクとヘアセットは前日にもお試しでできるみたいですが、私は観光を優先したので、当日に「眉毛もっと薄目の色で」などと、ちょこちょこ口を挟みながら進めていきました。

ヘアセットも、当日カタログを見ながら「こんな感じで」とスタッフの人と話ながら決めていった感じです。

着付けが終わって、リムジンで教会に行く車内の中で、教会に着いた後の流れを説明してもらいました。教会に入るまで、プロのカメラマンさんが色んな角度で写真を撮ってくれて、ビデオ撮影もしてくれて、ちょっと恥ずかしかったです。

牧師さんは日本語堪能なアメリカ人でしたが、誓いの言葉はちゃんと英語でした。誓いの言葉とキスが終わり、その後も教会を前に撮影しました。

式場(リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエスト)の感想

リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの外観

式場は小さな教会で、昔のハリウッド映画に出てきそうな感じの雰囲気でした。海外挙式を決めたときに見せてもらったパンフレットの通りでした。

リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストは、リチャード・ギアもここで結婚式を挙げたということを聞いていて、当日、教会に入ったときに、「ここでリチャード・ギアも式を挙げたのかぁ」と、感慨深く、とても嬉しかったです。
リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの内装

広場もかわいく、そこで撮っていただいた写真もとても素敵でした。道路に面していたので、通行人は車から手を振ってくれたり、クラクションを鳴らしてくれたりしました。

「クラクションを鳴らすのは、アメリカでは祝福のあいさつみたいなものですよ」と、現地スタッフの方が教えてくださり、本当に嬉しかったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

印象に残っていることは、当日晴れていましたが、とても風が強かったことです。でも、その強風のおかげでレースのヴェールが良い感じに風になびいて、良い写真が撮れました。途中、強風過ぎてヴェールは外してしまいましたが…。笑

あとは、現地スタッフやカメラマンさん、運転手さん、牧師さんも、とても優しかったです。分かりやすく丁寧に教えてくださって、質問もしやすかったです。カメラマンさんも盛り上げてくれて、自然と笑顔になってしまいました。

あとはやっぱり、教会周辺を歩いていた現地の方々が、祝福の言葉を言ってくださったり、拍手してくださったことが、本当に嬉しかったです。海外の人の温かさや親しみやすさを実感しました。良い式になりました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

衣装はレンタルだったのですが、現地にあるレンタル衣装が限られているので、少ない中から選ばなければいけませんでした。

旦那さんはあまりこだわりがないようで良かったらしいですが、私は吟味するのに時間がかかりました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

当日ヘアメイクする時に、現地スタッフの方にしていただいたのですが、どうやらアメリカでは濃い眉毛が主流らしく、濃い眉に描かれてしまいました。

「もっと薄く!」と言ったのですが、不服だったようで、あまり薄く描いてもらえませんでした。リムジンの中でこっそり薄くしました。笑

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

リトル・チャーチ・オブ・ザ・ウエストの結婚式の様子

海外挙式は日本では味わえない雰囲気がありますし、2人の良い思い出になります。一生の記念にもなると思います。

少し高めなイメージもあると思いますが、大手はキャンペーンもよくしているので、色んな会社と比較しながら、良い挙式にしてください。

あと、ヘアメイクは、前日にしっかり打ち合わせしたほうが良いと思います。会社によってはヘアメイクも日本人スタッフが行うところもありますので、できればそちらをおすすめします。

または、ヘアメイクに自信がある方は、当日衣装だけ手伝ってもらって、ヘアメイクは自分でしたほうが良いかもしれませんね。

現地スタッフと打合せしながらのヘアメイクは、駆け足になってしまうので、こだわりたい方は難しいかもしれません。良い思い出にするために、前日じっくり打ち合わせしてくださいね。

私はハネムーンも兼ねて挙式をしたので、バタバタなハネムーンでしたが、今ではとても良い思い出です。皆さんも良い海外挙式にしてください。