ワタベウェディングに依頼して、サイパン「ハイアット・ホワイトサンド・チャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 サイパン
式場名 ハイアット・ホワイトサンド・チャペル
宿泊先 フィエスタリゾート&スパ サイパン
参列者 2人+家族+親戚(計12人)
現地パーティー あり
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:20万円
挙式代金:40万円
オプション:17万円
費用総額77万円
オプション料金の内訳 ブーケ:1万円
ドレス:9万円
タキシード:5万円
結婚誓約書:2万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・タキシード:購入
靴・アクセサリー:レンタル

結婚式の様子(画像)

1番のお気に入りの写真です。チャペルの窓からの景色も写っており、当時を思い出します。
ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの外観

ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの前に到着した時です。これから挙式なので、緊張気味です。
ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの前での結婚式写真

宿泊先のフィエスタリゾート&スパ サイパンからハイアットまでの間の移動で使ったリムジンです。
サイパンの結婚式送迎用リムジン

挙式後はハイアットリージェンシーのお庭で、みんなでシャンパンを頂きました。
ハイアット・ホワイトサンド・チャペルのガーデン

白で統一された空間がとても印象的で、今でも思い出せるほどです。
ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの内装

窓からの絶景が、挙式の緊張を癒してくれました。神父さんも気さくでした。
ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの結婚式の様子

時期的にも海に浮遊物が少なく、空も青く、まさに絶景だと思いました。
サイパンでのビーチフォト

海外挙式をしようと思ったきっかけ

両家の家族が遠方の為、なかなか会う機会がありませんでした。せっかくなので、みんなで旅行に行きたいと思い、海外挙式を提案しました。

新郎新婦ともども、休みの取りにくい仕事だったので、ハネムーンと挙式を兼ねられることも大きなポイントでした。

また、内心ですが、日本で仕事の人や友人を呼んで堅苦しい披露宴をするのが面倒だったというのもあります。海外挙式なら、仕事の人や友人を呼ぶ必要がなく、楽になるかと思いました。

ワタベウェディングを選んだ理由

特にいくつかのプロデュース会社を比べたわけではなく、いつも通る道にあり、素敵なドレスが飾ってあったので、話を聞きに行ってみることにしました。

すると、思っていたよりもリーズナブルに式を挙げられるし、ドレスも素敵なものを選べるし、写真代なども入ったわかりやすい料金プランで、安心して利用できそうだったので、ワタベウエディングにお願いすることにしました。

写真データを大量にもらえるというのも、決定した大きな理由の一つです。

当日の流れ

ホテルの部屋にメイク担当のスタッフが一人やってきて、メイクとヘアメイクと着付けをしてくださりました。持参していたヘアカタログを見て、ヘアスタイルをお願いしました。主人の着替えは自分で行い、ブートニアだけ刺していただきました。

着替えが済むと、ホテルにリムジンがお迎えに来てくれ、ハイアットリージェンシーまで、少しの距離ですが、運んでくれました。

その後、チャペルまではカメラ撮影しながら徒歩で移動しました。その間、参列者はチャペルの中でゴスペル(子供がいたのでアニメソングを歌ってくれたそうです)を聞きながら待っていました。

チャペルに到着後は、通常の神前式が行われました。挙式後、チャペル内、チャペル前のビーチにて、家族とともにたくさん写真を撮影していただきました。

式場(ハイアット・ホワイトサンド・チャペル)の感想

ハイアット・ホワイトサンド・チャペルの外観

リムジンを降りてすぐのホテルエントランスは都会的な感じでしたが、ホテルのロビーを通り抜け、庭に出ると、途端に緑が豊かなジャングルのようになり、とても幻想的でした。鳥や虫もたくさんおり、異国情緒が漂い、とても良かったです。

また、チャペルのあるお庭はビーチに面しているので、海の波の音が絶えず聞こえ、南国ムードたっぷりでした。チャペルへの道は少し整備されている程度で、それがまた南国らしさを演出していて良かったです。

チャペル内は、全体的に白に木目を基調としており、清楚で明るい印象でした。飾られているお花も白で統一されていたので、窓から見える海や空などの青の景色が際立って見え、とてもきれいでした。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ハイアット・ホワイトサンド・チャペルのガーデン

こだわりポイントはチャペルのロケーションです。

せっかく海外で、しかもサイパンでの挙式を選んだので、きれいな写真をたくさん残したいと思い、窓からきれいな海が見えるチャペルを選択しました。

チャペルの形や、チャペルの屋根の色もお気に入りポイントです。チャペルの前で撮った写真が、1番のお気に入りになりました。挙式中、神父さんの後ろにきれいな海が見えるのもうれしかったです。

また、ハイアットリージェンシーのお庭は芝生になっており、芝生のグリーンと空の青のコントラストで、すごくきれいな写真が撮れました。

海が汚いのも嫌だったので、晴れの多い乾季の時期にもこだわりました。そのため、海に藻が浮かぶこともなく、空も青くきれいな写真がたくさん撮れ、大満足でした。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

大変だったことは、ホテルや航空券、家族みんなでの食事の手配などです。

プロデュース会社で用意してもらうものもあったのですが、やはり予算がかなり上がってしまうので、自分たちで手配しようと思いましたが、英語が堪能ではないので難しく、旅慣れている叔母にほとんどを任せてしまいました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

滞在中に特に不満はなかったのですが、あとから海外挙式経験者に話を聞くと、私たちが支払った金額より安く済んでいる人もいたので、面倒がらずにほかのプロデュース会社にも話を聞きにいけば、もう少し安く済んだかもしれないと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

サイパンでのビーチフォト

サイパンでの挙式を選んだ理由は、1度友人とサイパンに行った時に見た、マニャガハ島の海のきれいさを忘れられず、「もう1度、大好きな家族とみんなで見たい」と思ったからです。

挙式ももちろんよかったですが、翌日にみんなで海で遊んだことや、みんなで異国らしい着色料がたくさん入ったウエディングケーキを食べたことなど、忘れられない思い出がたくさん増えました。

今でも、お正月などで家族が集まれば、挙式の話をすることもあります。

普段はなかなか家族そろって海外旅行は難しいかと思いますが、挙式となると、来てくれる人は増えると思います。国内の挙式では得られない思い出を、きっと得ることができるでしょう。

とはいえ、旅費や宿泊費は節約ポイントだと思います。現在ではアプリやサイトから航空券の予約や、海外のホテルやレストランの予約も、個人が手軽にできるようになっています。

プロデュース会社に任せてしまうのも楽ですが、できることは自分でやり、譲れないこだわりにお金を使うようにすれば、コストと満足度のバランスも取れてくると思います。

決めることがたくさんあり、面倒になりがちですが、一生に一度なので、しっかりと調べて、検討してから決めるといいと思います。