オアフ島「アロハ・ケ・アクア・チャペル」で結婚式を挙げました!(ワタベウェディング)

更新日:2019年3月17日

ワタベウェディングに依頼して、オアフ島「アロハ・ケ・アクア・チャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 結婚式の様子(画像)
  3. 海外挙式をしようと思ったきっかけ
  4. ワタベウェディングを選んだ理由
  5. 当日の流れ
  6. 式場(アロハ・ケ・アクア・チャペル)の感想
  7. こだわりのポイントや印象に残っていることなど
  8. 大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)
  9. こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など
  10. これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 アロハ・ケ・アクア・チャペル
宿泊先 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:73万円 挙式代金98万円 オプション料金68万円 費用総額239万円
オプション料金の内訳 フォトツアー:9万円
ムービー美肌:4万円
シネマティックメモリー:16万8千円
フラワーシャワー:1万8千円
ブーケ:4万4千円
アルバム美肌:3万円
アルバム:23万9千円
リハーサルメイク:3万7千円
新郎ヘアセットメイク:1万4千円
衣装のレンタル or 購入 タキシード・靴はレンタル

結婚式の様子(画像)

自然な中にあるチャペルです。反対側には山もあり、写真撮影には困りません。
アロハ・ケ・アクア・チャペルの外観

チャペル内はカントリーな雰囲気で、とても落ちついた感じでした。
アロハ・ケ・アクア・チャペルの内装

チャペル外での撮影も南の島という感じが出ていて、とても素敵に撮影して頂けました。
アロハ・ケ・アクア・チャペルの外で撮った山バックの写真

このバックショットがとても素敵で気に入っています。このチャペルで挙式される方におすすめです。
アロハ・ケ・アクア・チャペルの外で撮った海バックの写真

チャペルに到着後の儀式のシーンです。みんなで手を繋いでお祈りします。
アロハ・ケ・アクア・チャペルの結婚の儀式

海外挙式をしようと思ったきっかけ

ハネムーンも兼ねての式の方がお金も節約できるかなと考えたからです。

両家の両親が「式は自由にしていいよ」と、意見も一致した事もあり、2人でできる式で、記念になる場所がいいなと検討した結果、以前から行きたい場所として候補に挙がっていた海外挙式にする事にしました。

ロケーションやハネムーンならではのハワイを選ぶ事で、一生に一度のとてもステキな記念になったと思います。プランナーさんとも話して、「ハワイはこういう時でないと、ゆっくり行けないですよ」という一声も決めたきっかけでした。

ワタベウェディングを選んだ理由

ゼクシィを見て、まずはチャペルの雰囲気で候補地を選んでいました。ゼクシィフェスの際に、気になったチャペルの手配会社さんに話を伺いに行ったのですが、混み合っていて、後日に予約を入れて伺う事になりました。

その時に他のチャペルのお話も伺い、立地や周りの治安などのお話も聞き、親身になってくれた事から、こちらの会社に決める事にしました。

プランナーさん自身から、ハワイに行った際の印象やチャペルの雰囲気などのお話を聞くことができ、とても参考になりました。

当日の流れ

朝早くにメイクさんがホテルに来てくれます。まずは、新婦のメイクから開始となります。前日にリハーサルメイクを行なっていたので、その通りにメイクをして頂きました。その間に新郎がジャケット以外の着替えを済ませておく流れとなります。

メイクが終わったら新郎とチェンジし、新郎のヘアセットとメイクが始まります。この間に新婦はおトイレを済ませておきます。新郎が終わったら新婦に交代し、ヘアメイクを開始します。ヘアメイク後にドレス着用となります。

アクセサリーも付け終えたらムービー撮影が始まります。小物などもつけ、いざリムジンで会場に出発です。到着すると、現地スタッフさんがお出迎えしてくれるので、指示通りに動きます。

まずはフォト撮影からでした。その後、式を行い、再度フォト撮影という流れです。この後にオプションツアーなどがなければ、ホテルまでリムジンで送って頂き、終了となります。

式場(アロハ・ケ・アクア・チャペル)の感想

アロハ・ケ・アクア・チャペルの外観

自然の中にあるチャペルです。山と海の間にあるようなチャペルで、とても幻想的で素敵でした。カントリーチックで懐かしいような古き良きといった雰囲気で、「あー、結婚するのだな」と、改めて実感しました。

山の方だったので小雨がパラパラと降る時もあったのですが、土砂降りではなかったので、雰囲気が出て、逆に良かったのかなと、今ではいい記念になったなと思っています。

現地スタッフさんもとても明るく楽しくて、身内は誰もいないのにとてもアットホームな空気で楽しかったです。写真も携帯でバシャバシャ撮影して下さり、その上、セピア加工などをして楽しみながら撮影しまくっていました。

後から携帯をみたら、凄い数の写真を携帯で撮影して頂けて、感動しました。とても素敵なスタッフに式に関わって頂けて、嬉しかったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわりのポイントは「木を使ったチャペル」という事でした。プランナーさんが私達を見て、「落ちついたチャペルなのでお2人の雰囲気に凄く合うと思います!」と言って頂けたので決めました。

そして、こちらのチャペルの最大の決め手は、ハワイで結婚式をしたという証明が何かあればなぁと思っていた私達にとって、思い通りの物があったからです。

それは、木で作られた結婚証明書でした。立会人として当日オルガン演奏して下さった方とシンガーの方がサインして下さり、とても感動しました。

木の証明書も一枚ずつ木を削って作っているものらしく、木の模様が同じものは1つもない!ということで、世界に1枚だけの証明書だということを聞いて、更に感動しました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ドレスが重く、移動が大変でした。レースが使われているドレスではあったのですが、重厚感もほしがった私は、少し重みのあるドレスを選んでいたので、とにかく移動が大変でした。

あとはお腹の締め付けが苦しく、帰りの車内で旦那さんにドレスのホックを少し外してもらいました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

こうすれば良かったなと思ったのは、やはり両親にこの瞬間を見せたかったなということでした。

あの場に両親がいたら、私は間違いなく泣きまくっていたと思います。ですが、1番にお祝いして欲しい両親ぐらいは呼んでも良かったかなと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

国内での打ち合わせなどは基本的に期日があったりもするので、プランナーさんの指示通り動けば問題ないかと思います。

私達の場合は、不安な事やわからない事があれば、打ち合わせの時や電話で問い合わせをしたりして解決する事が多かったです。

結構細かく連絡をくれたりもしますし、ネットで現在の状況などの把握も可能だったのと、流れが確認できるようになっていたので、あまり不安に思う事も少なくて済みました。

式場のイメージやドレスのイメージも細かくヒアリングしてくれますので、安心して大丈夫だと思います。

自分が来てみたいドレスと似合うドレス、イメージに近いドレスなどの提案やアドバイスもしっかりとしてくれますし、予算オーバーしそうなら小物で調整をしてくれたりもしました。

後は、持ち込みの髪飾りの付ける位置などの提案などはとても参考になったので、聞いてみると良いと思います。

フォトツアーをオプションで付けましたが、もっと写真のポーズなども考えておけばよかったなと後で思いました。

ページの先頭へ