オアフ島「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」で結婚式を挙げました!(グロリアブライダル)

更新日:2019年3月17日

グロリアブライダルに依頼して、オアフ島「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」で結婚式を挙げた、30代男性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 結婚式の様子(画像)
  3. 海外挙式をしようと思ったきっかけ
  4. グロリアブライダルを選んだ理由
  5. 当日の流れ
  6. 式場(セント・カタリナ・シーサイドチャペル)の感想
  7. こだわりのポイントや印象に残っていることなど
  8. 大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)
  9. こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など
  10. これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

基本情報

手配会社 グロリアブライダル
年齢と性別 30代男性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 セント・カタリナ・シーサイドチャペル
宿泊先 ハイアットリージェンシー ワイキキ ビーチリゾート&スパ
参列者 2人+家族(計7人)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 120万円
実際にかかった費用総額 旅費:20万円 挙式費用:35万円 オプション:53万円 費用総額:108万円
オプション料金の内訳 ヘアメイク:10万円
レンタル衣装:23万円
写真:20万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・タキシード・靴はレンタル、アクセサリー類は持ち込み

結婚式の様子(画像)

中心部ワイキキから車で30分、喧騒から離れ、自然に囲まれた素敵な場所。
セント・カタリナ・シーサイドチャペルの入口

日本国内の造花ショップで選んだ、手作りのオリジナルフラワーブーケ。
オリジナルのフラワーブーケ

日柄も良く、最高のロケーションで迎えることができた人生最良の日。
セント・カタリナ・シーサイドチャペルの外観

青い海と青いバージンロードが印象的なセント・カタリナ・シーサイドチャペル。
セント・カタリナ・シーサイドチャペルの挙式の様子

胸元のレースと柔らかい色味が気に入って選んだ新婦ウエディングドレス。
ウエディングドレスの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

国内で友人家族を呼んでの挙式も検討しましたが、準備に時間が掛かるのと、色々気を遣わないといけないことが、少しネックに感じていたため、自分達と家族だけの思い出に残る挙式にしたいと思い、海外挙式にしました。

ハワイは付き合ってから初めての海外旅行先で、夫婦揃って1番好きな場所であり、思い出詰まっていたので選択しました。

また、挙式だけでなく、その後も家族と一緒にハワイ観光で思い出を作れると思ったのも理由のひとつになります。

グロリアブライダルを選んだ理由

福岡在住のため、県内のプロデュース会社(ワタベウェディングなど)、あまり下調べせずに情報収集のために各社を回っていたところ、それぞれ提携している式場が異なっていることを知りました。

その中で、1番理想とする式場がグロリアブライダルが提携している「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」だったというのが1番の決め手となります。

費用もある程度想定通りにおさまり、スタッフさんもとても親切にご対応頂いたのでとても満足しております。

当日の流れ

9:00 ヘアメイクスタート

10:20 ハイアットリージェンシー集合

10:30 ホテル出発。チャペルまで参列者と一緒にリムジンで移動

11:00 チャペル到着。新郎新婦リハーサル

11:30 挙式。入場・開式の辞・コリントの信徒への手紙・誓約・指輪の交換・結婚宣言・署名・キャンドル儀式・お祈り・誓いのキス・新郎新婦退場

12:30 ガーデン写真撮影・フラワーシャワー・ガーデン内で新郎新婦と家族と写真撮影

13:00 ヘアメイクアレンジ変更・チャペル出発・新郎新婦のみワイマナロビーチへリムジンで移動

13:30 新郎新婦ビーチ撮影(ビーチ・森二つのロケーションで撮影)

14:30 ホテル到着(リムジンで移動)

式場(セント・カタリナ・シーサイドチャペル)の感想

セント・カタリナ・シーサイドチャペルの外観

チャペル一面から見渡せる海は絶景で、そこに続くブルーのバージンロードは写真よりも綺麗で、今も記憶に強く残っています。

ワイキキから車で30分程度のところでしたが、移動中も景色を眺め、楽しみながら移動することができました。喧騒から離れ、自然に囲まれたとても素敵なところでした。

当日は天気にも恵まれ、バージンロードの先にある海が見える正面のガラスから太陽の光が入っていて、チャペル内はとても明るく感じました。チャペルの外装もとても可愛く、自然の緑に囲まれた風景にとてもマッチしていました。

また、日本ではあまりないバージンロードがブルーというところもとても新鮮でした。新郎新婦のお直しなどができる個室や、ゲストの方がくつろげるような場所もあり、とても素敵な式場でした。
セント・カタリナ・シーサイドチャペルの挙式の様子

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

1番のこだわりは、色々探し回って選んで決めた「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」という挙式場です。これまで参加してきた結婚式の中でも、自身で挙げたチャペルが1番素敵だったと自負しています。

リゾートウエディングは写真がとても映えるのでおすすめなのと、海外の雰囲気が特別感を一層演出してくれたと思います。

あと、新婦のドレスは色々調べて、何度も試着し、納得いくまで選べることができたのと、ビーチ撮影でヘアアレンジを変えたこともこだわりのひとつです。

家族もハワイの正装アロハに着替えての参列だったので、これも写真映えは良く、最高でした。

たくさん写真を撮ってもらえ、「思い出を記憶として長く残せるように」というこだわりを叶えることができたので、とても満足しています。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

仕方ないことですが、費用を抑えるため、アクセサリーや写真撮影用の小道具など、必要な物はほとんど国内から持ち込みました。そのため荷物が多くなり、移動は大変でした。

また、その準備のために色々買い出しに回ったのも楽しかったですが、大変でした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

準備のヘアメイクから挙式、ホテル到着までカメラマンの方についてもらい、写真は思う存分撮って頂きましたが、ムービー撮影のオプションはつけていませんでした。

後々見返してみると、ムービーも撮っておけば、雰囲気も思い出せて、子供たちにも見せてあげれたなと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

プロデュース会社によって連携している式場が異なるため、式場をある程度下調べしてから、提携しているプロデュース会社を訪問すると、スムーズに式準備に入れると思います。

日本でドレスやスーツを決め、最終フィッティングは式の前日に行いました。式の前日は予定がつめつめになるため、余裕をもったスケジュールをオススメします。

また、そのリハーサルの時間は、同行している家族はフリーになるので、事前にその時間の観光プランを考えておけると、家族も楽しめると思います。

私たちは両家とも両親・兄弟のみの参列でした。海外挙式ということもあり、両家ともラフな格好で参列をお願いしており、色味を合わせた衣装を用意してもらいました。

写真を見返してみても統一感があり、海外ならではの堅苦しさのない雰囲気で、とてもよかったです。

両親は現地で衣装の購入を考えており、式前日に店舗を回り、衣装を探しましたが、希望の衣装がなかなか見つかりませんでした。

時間がとてもかかり、「見つかるのか?」という心配もありましたので、予め衣装は用意してもらうと慌てることも無く、旅行も含め楽しんでもらえたかな、というのが反省点ではあります。

ページの先頭へ