アールイズ・ウエディングに依頼して、オアフ島「ザ・マカナチャペル」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 アールイズ・ウエディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ザ・マカナチャペル(シェラトン・ワイキキ内)
宿泊先 シェラトン・ワイキキ・ホテル
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:90万円
挙式代金:23万円
オプション料金:17万円
費用総額:130万円
オプション料金の内訳 ロケーションフォト:10万円
衣装アップグレード:7万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・靴・タキシード:レンタル
アクセサリー・グローブ:購入

結婚式の様子(画像)

入場シーンです。会場装花はプラン内のものですが、シンプルで素敵です。
ザ・マカナチャペルの入場シーン

チャペルの内装です。落ち着いた扉の色とチャペルの色がマッチしています。シャンデリアも素敵です。
ザ・マカナチャペルの内装

ガラス張りの窓をバックに撮影したものです。景色がとても良かったです。
ザ・マカナチャペルの結婚式写真

テラスに出て撮ったものです。お天気に恵まれ、とてもいい写真がたくさん撮れました。
ザ・マカナチャペルのテラスで撮影した写真

フォトツアーでのビーチです。サッシュリボンとネクタイをブルーにチェンジしています。
ハワイのビーチでのフォトツアー

同じくビーチで撮ったものです。遠近法を使って撮影していただきました。
ハワイのビーチでのフォトツアーその2

ビーチのあとに行った公園です。緑がいっぱいで素敵なところでした。
ハワイの公園でのフォトツアー

海外挙式をしようと思ったきっかけ

挙式ついて調べていると、海外ウエディングが目に入りました。

国内よりもお得に挙げられるという記事を読んで興味が湧き、詳しく調べていくうちに、ロケーションや、普段行けないようなところでの挙式に魅力を感じました。

「キャンペーン中」という文字に誘われて、勢いで電話をかけたところ、とても親身になって話を聞いてくださりました。

当初は、予算の面からグアムをおすすめしていただきましたが、滅多にない機会だということで、2人とも初めてだったハワイに決めました。

アールイズ・ウエディングを選んだ理由

海外ウエディングに興味を持ってから色々と検索しましたが、すぐに出てきた会社がアールイズウエディングでした。

決め手は「キャンペーンを見つけて電話した際、とても感じが良かったこと」です。

ちょっと話を聞いてみよう程度で電話しましたが、とても親切に案内して下さったことで、イメージも湧き、ワクワクしました。

予算が低かったにも関わらず、可能なプランを提案いただけたことにすごく感謝しています。口コミでも評判がいい会社だったので、安心して相談できました。

当日の流れ

ザ・マカナチャペルの内装

当日は午前8時挙式のため早起きでした。

6:30からメイクスタートなので、5分ほど前にシェラトンワイキキ内のアールイズサロンへ向かいました。そこで衣装も着せていただき、チャペルへ移動しました。ホテル内を衣装で歩くので、中には声をかけて下さる方もおられました。

挙式前に流れをリハーサルし、本番は牧師さんがリードして下さったので、うろ覚えでも大丈夫でした。

挙式後は、チャペル内とテラスで撮影していただき、その後簡単なスタイルチェンジをしました。

フォトツアーへは、リムジンに乗って向かい、ビーチと公園で撮っていただきました。メイクさんがずっと付いてて下さったので、途中お直しなどもしてもらえました。

11:00すぎにはホテルに戻り、着替えをして半日で終了しました。

式場(ザ・マカナチャペル)の感想

ザ・マカナチャペルの結婚式写真

入場する際、開いた扉の向こうが、写真やネットで見ていた通りのチャペルで感動しました。

当日は朝からすごく良いお天気で、白を基調としたチャペルの色と、空と海の青のコントラストがとても素晴らしかったです。ガラス張りの大きな窓から、自然光が差し込む具合も幻想的でした。

会場装花も、プランナーさんから聞いていた通りプラン内のもので十分映えていて、シャンデリアもすごく素敵でした。

立地ですが、シェラトンワイキキに宿泊すれば、同じホテル内なので移動が大変でなく、すごく便利です。

チャペルと隣接しているテラスからは大きな海が一望できて、最高のロケーションです。景色までもがずっと心に残るいい思い出になり、マカナチャペルを選んで本当に良かったです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ハワイウエディングにしては予算が低かったのですが、なるべく範囲内でおさまるように工夫しました。

アクセサリーは自分で探してネット購入、衣装のスタイルチェンジはサッシュリボンとネクタイのみにしました。

白から水色に変更し、ハワイのロケーションと合うようにしました。当日付いて下さっていた、メイクさんからも褒めてもらえて嬉しかったです。

また、2人挙式だったので、帰国後に1.5次会を予定していました。

その際、ムービーを作って、ハワイでの挙式をゲストに見てもらいたかったので、写真はなるべく横向きサイズで撮っていただくようにお願いしました。

結果、色々な種類の写真をたくさん見てもらうことができました。

その他、予算を抑えつつも、新郎が着るタキシードはプラン内だと黒だったので、白へアップグレードしました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

入籍を機に、主人の転勤がありました。これまでよりもサロンから離れたところに引っ越したため、打ち合わせに行くのに片道2時間ほどかかってしまったのが少し大変でした。

また、パスポートの本籍地も変更しなければならず、うっかりして忘れかけていたので危なかったです。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

大きな後悔はありませんが、敢えてあげるなら、両親だけでも来てもらえたら良かったなという気持ちはあります。

事情があって2人挙式だったので、仕方のないことだと納得していますが、自分自身がすごく感動したので、両親もその場にいたら、すごく喜んでくれただろうなと思います。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ザ・マカナチャペルのテラスで撮影した写真

なるべく費用を抑えた結婚式にしたので、アドバイスもどうしても費用面になってしまうのですが、そういった方のお役に立てると嬉しいです。

私はは、1番差が出るドレスのアップグレードをしなかったことで、大きく費用を抑えられました。

実際に試着に行くまで、どんなドレスがあるか分からず、口コミには「パジャマみたい」というものもあったので不安でしたが、実際はプラン内でも素敵でした。

旅行会社を通して、挙式プランを予約すると、プラン内容も少し違うようなので、気になる方は比較してみてもいいと思います。

また、私達夫婦はお互いに初めてのハワイだったので、旅行の手配もアールイズウエディングと提携しているソラトラでお願いしましたが、海外旅行に慣れておられる方なら、個人手配でもっと抑えられると思います。

最後に、プランナーさんに小さなことでも相談すると、すごく親身に向き合ってくださるので、たくさん頼るといいと思います。人生一度の結婚式が素敵なものになりますように。