アールイズ・ウエディングに依頼して、オアフ島「ザ・マカナチャペル」で結婚式を挙げた、30代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 アールイズ・ウエディング
年齢と性別 30代男性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ザ・マカナチャペル(シェラトン・ワイキキ内)
宿泊先 シェラトン・ワイキキ・ホテル
参列者 2人+家族(計7人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:60万円
挙式代金:60万円
オプション料金:30万円
費用総額:150万円
オプション料金の内訳 ビデオ撮影:15万円
ブーケ:5万円
ロケーションフォト:10万円
衣装のレンタル or 購入 女性用下着以外は全てレンタル

結婚式の様子(画像)

式場内で新婦を撮影した写真。ピンク色のソファがとても可愛くて印象的。
ザ・マカナチャペルで撮った新婦の写真

参列者達を含めて挙式後のパーティ。緑色の壁紙がとても可愛くてSNS映えします。
挙式後のパーティの写真

新婦が衣装を着替えるスペース。姿見の鏡がとても大きく、全身を見ることができます。
ザ・マカナチャペルの新婦が衣装を着替える部屋

式場のベランダで撮影した、定番の小物を使った写真。青い空がとても綺麗。
ザ・マカナチャペルのベランダで撮影したウエディングフォト

式場内から外を撮影したもの。式場内の照明が控えめだった分、大きな窓から光が沢山入ってきてとても綺麗でした。
ザ・マカナチャペルからの景色

夫婦の控え室。ここで衣装のチェンジを行ったりしました。控え室のデザインや調度品も可愛かったです。
ザ・マカナチャペルの夫婦の控え室

会場入口を撮影したもの。夫婦の名前が掲げられていて、写真に残しても後から誰の式だったかを容易に思い出せます。
ザ・マカナチャペルの入口

海外挙式をしようと思ったきっかけ

私の妹が以前ハワイの教会で挙式をしており、その挙式に参列した際に現地の雰囲気にとても感動したからです。

海や空の青、公園や山などの緑がとても映えており、写真に残して後から見直してみても、受ける感動が大きく、一生物になると考えました。

また、日本での挙式や披露宴を行う際に掛かる時間的な手間がもったいなく感じ、ほぼ全ての作業をコーディネーターに任せることができるのも、面倒くさがりな私たちにとってはとても魅力的に感じました。

アールイズ・ウエディングを選んだ理由

私たちが希望する会場を手配できるのが、そのアールイズのみであったために、消去法的にその会社を選択することになりました。

また、そのアールイズの日本にある店舗が、私の職場や自宅から近い場所にあったために、コーディネーターとの打ち合わせや衣装合わせで何度も店舗へ足を運ぶだろうことを考慮すると、時間的な負担が少なくなるであろうということも理由の一つです。

ネットでの評価は良いものであったために、心配は少なかったです。

当日の流れ

当日は朝早くに起床し、宿泊しているホテルのスイートルームから、併設されているプロデュース会社の事務所へ移動し、夫婦揃ってウェディングドレスやタキシードへ袖を通しました。

衣装が整った後は、リムジンに乗ってダイアモンドヘッドの見える公園でウェディングフォトの撮影に挑みました。

1時間ほどの撮影を終え、ホテル内の教会へ移動し、参列者と合流して、まずは挙式のリハーサルを行いました。その後、挙式の本番を行いました。

30分ほどで本番を終えると、牧師や歌手の方と記念撮影を行い、次は会場内のパーティルームで参列者達と食事をしました。

パーティー後はプロデュース会社の事務所へ戻り、着替えを済ませ、チップの支払いも済ませて、一連の流れを終えました。

式場(ザ・マカナチャペル)の感想

ザ・マカナチャペルからの景色

式場はパンフレットでの確認のみで決断しなくてはならなかったのですが、写真に映る大きな窓から見えるワイキキの青い海や空、参列者達が座るピンクの椅子、真っ白なバージンロードがとても見映えが良く、ほぼ即決でした。

牧師さんや歌手の方もプロとして活動している方ということで、接客の態度なども良く、気持ちよく挙式をすることができました。

また、ホテルに併設されている式場ということで、移動にかかる時間や手間が少なく、参列者の中に高齢者がいましたが、体力的な負担が少なかったこともありがたかったです。

式場の規模としては小さい会場でしたが、少人数での挙式には充分なものであり、かかる費用も抑えられたことも助かりました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ザ・マカナチャペルで撮った新婦の写真

とにかくSNS映えすることを意識して会場を選択しました。そのおかげで、撮影した会場の写真を後から見返してみても、当時の記憶を簡単に蘇らせることができ、一生ものの思い出にすることができました。

会場のコンセプトがピンク色ということもあり、妻の真っ白なウェディングドレスが強調されることになり、女性らしい姿を写真に残せたこともポイントです。

印象に残っていることとしては、ホテルに併設されている会場ということで、他の宿泊客が往来する廊下なども通行することになるのですが、通りすがりの宿泊客の方々からもおめでとうと声をかけてもらうことができ、とても幸せな気持ちになれたことです。

小さな教会で行う式とは違った経験ができ、とても貴重な思い出となりました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

国内で行う挙式や披露宴などの準備にかかる時間的な困難や苦労に比較すると、海外挙式のためにかかる手間などは少なかったかと思います。

ただ、やはり初めて行く会場で時間通りに行動しなければいけない点は、とても苦労しました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ウェディングフォトの撮影にもう少し力を入れれば良かったなと感じました。

プロのカメラマンに撮影を依頼したので、ビシッと決まった写真のみ残ることになるのは嬉しかったですが、写真の枚数は限られるため、満足の行く枚数にはならなかったためです。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ザ・マカナチャペルのベランダで撮影したウエディングフォト

海外挙式は、実際に現地に足を運んで会場を選ぶということができないため、とにかくネットで評判や雰囲気を掴むことがとても大切だと感じました。

実際には挙式を行う一年程前から手配の準備を始めたのですが、式場選びや衣装合わせにはとても時間がかかるため、一年の準備期間を設けていて助かりました。

これから海外挙式をしようと考えている方は、日程が固まりましたら、早めに行動を開始していくことをおすすめします。

また、海外挙式は沢山の参列者をお呼びすることは難しいと思いますので、必然的に帰国後に撮影した写真を披露する機会が多くなると思います。

挙式を行う当事者はなかなか写真をとるチャンスが少ないため、式の最中の写真などが満足のいく量(枚数)に満たないこともあるかと思います。

ですので、フォトツアーなどをオプションで追加できる場合は、多少費用はかかるかと思いますが、後々へ思い出を残すチャンスだと思い、費用を削らずに追加していくことが大切だと思います!