JTBウエディングに依頼して、オアフ島「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 JTBウエディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ
宿泊先 アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ
参列者 2人+家族(計6人)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:80万円
挙式代金:30万円
費用総額:110万円(参列者の旅費は除く)
オプション料金の内訳 なし
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

ホテルからチャペルまでは、新郎新婦はリムジンでの送迎がありました。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外観

白で統一されたチャペルは、正面の海の青が映え、とても綺麗でした。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの内装

チャペル内は自由に写真が撮れるので、参列した家族がたくさん写真を撮ってくれました。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの挙式の様子

チャペルからビーチへと抜ける階段で記念のケーキカットを行いました。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイのケーキカット

チャペルのすぐ裏がビーチになっていて、カメラマンさんが記念に家族写真を撮ってくれました。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの裏のビーチでの家族写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

新婦である私がずっとハワイでの挙式に憧れていたこともあり、結婚が決まった時に主人に「ハワイで結婚式を挙げさせてほしい」とお願いしました。

主人も仕事柄、長期の休みがとれないので、新婚旅行と合わせてだと都合もよく、休みも取りやすかったので、海外挙式に決めました。

また、新郎の父がちょうど定年退職の年であったことや、私が母と弟を一度、海外に連れて行ってあげたいと思っていたのも、家族を連れて海外挙式を行った理由となります。

JTBウエディングを選んだ理由

どこに頼めばいいのか分からず、最寄りの旅行会社(JTB)を訪れたのがきっかけです。JTBさんでは、自分たちで挙式のプランや旅行プランを作ることができたのがよかったです。

また、早期予約割引をしていただけたことや、ドレスの事前試着も、新宿にある店舗で行えるということで、新宿であれば行きやすいなと思い、決めました。

担当してくださったプランナーさんも、私たち夫婦の要望をしっかり聞いてくださり、また、私たちにあったプランを提案してくれました。

当日の流れ

チャペルの隣のホテルに宿泊しており、朝6時に事前に手配してくださっていたメイクさんが部屋に来てくれて、メイクと着替えをしてもらいました。

主人は、メイクさんが持って来てくださった、事前に試着済みのタキシードに着替え、自分で髪のセットなどをしました。

ホテルの部屋からは、ホテル内をウェディングドレスのまま歩き、ホテルの玄関に迎えに来てくれたリムジンに乗って、チャペルへ向かいました。参列してくれた家族は、事前にチャペルで待っていてくれました。

チャペルに到着すると、私たち夫婦だけは、神父さんからのお話がありました。事前に持って来ていた指輪を預け、新郎新婦入場へ。チャペル内では、神父さんの前で愛を誓い、20分ほどで挙式は終了です。

その後、1時間ほどかけて、専属のカメラマンさんによる撮影を、ビーチやチャペルにて行いました。

式場(コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ)の感想

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの内装

何より、チャペルの中から真正面に海が見えることがよかったです。チャペルは内装が真っ白でしたので、海の青が映えていて、とても綺麗でした。

また、こちらのチャペルは、ハワイで唯一、チャペルからビーチまで、そのまま階段でつながっています。私たちがこだわりたかった、いろんな景色での撮影も、カメラマンさんが色々と提案してくださり、とてもいい写真が撮れました。

ビーチには、海水浴客もいらっしゃいましたが、一緒になってお祝いしてくれたことも忘れることは出来ません。

そのほかにも、日本人に人気のチャペルということもあって、スタッフさんは日本語で対応してくれたこともありがたかったです。

今回、私たちは利用しませんでしたが、式場内にはパーティ会場も併設されているようで、パーティーも行いたいという方にはいいなと思いました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわったポイントは、カメラマンさんに写真を撮っていただくにあたり、「必ず海を入れて欲しい」とお願いしたところです。チャペルから海が見えることもありましたので、私たちの挙式中の写真は全て、海の青が背景になっています。

また、カメラマンさんは現地の方でしたが、日本語が非常に上手で、硬い表情になっていた私たちや参列者の家族を和ませてくれ、表情豊かな写真を撮ってくださったことは印象に残っています。神父さんもところどころで日本語を話してくださり、挙式を和ませてくれました。

また、私たちの知らないところで、家族がハワイらしく、ウクレレにそれぞれのメッセージを書いて渡してくれたのもいい思い出です。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ハワイに着いた当日に、新郎新婦は現地の手配会社に向かい、新郎のタキシードの試着、新婦の日本で試着済みのドレスの最終確認がありました。

時間にすると3時間ほどかかったので、長い空の旅のあとにそれは結構大変でした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式後のパーティーは希望しなかったので、挙式などが一通り終わったあと、ホテルに戻り、着替えて、近くのショッピングセンター街の中にあるレストランで食事会という形をとりました。

ただ、雰囲気だけで場所を決めてしまったので、事前にもっと調べてから決めておけばよかったなと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの裏のビーチでの家族写真

私たちは「挙式にあまりお金をかけられないな…」と思いつつ、不安を抱きながら、JTBさんに向かいました。そこで何より一番に驚いたことは、海外挙式の費用の安さでした。

日本で挙式をするとなると、200万円はかかってしまうと思いますが、海外で行うと、挙式自体は30万円ほどと、とてもリーズナブルです。ですので、お金がなくて挙式を諦めようと思っている方たちは、ぜひ検討していただきたいです。

ウェディングドレスなども一度、東京の店舗まで行って、試着をしたりする必要がありますが、ドレス自体は、当日ホテルの部屋まで運んでくれたので、荷物も少なくすんで楽でした。

また、家族を連れて行ってあげたのは本当に正解でした。家族にもハワイを満喫してほしかったのです。

私たちは挙式当日以外は、ほとんど家族と別行動でしたが、それぞれが行きたい場所でショッピングなどを楽しんだようで、日本に帰ってから、みんなが口を揃えて「行ってよかった」と言ってくれたのは何よりでした。