アールイズ・ウエディングに依頼して、オアフ島「ザ・モアナチャペル」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 アールイズ・ウエディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ザ・モアナチャペル
宿泊先 モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
参列者 2人+家族(計4人)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 120万円
実際にかかった費用総額 旅費:80万円
挙式代金:60万円
オプション料金:40万円
費用総額:180万円
オプション料金の内訳 フォトアルバム:23万円
フォトツアー:10万円
新郎ヘアメイク:5万円
フラワーシャワー:2万円
衣装のレンタル or 購入 ドレス・タキシード・靴はレンタルで、シャツ・ベール・手袋は購入しました。

結婚式の様子(画像)

悩みに悩んだウエディングドレスです。国内で試着した後、現地でレンタルしたので、手ぶらで行くことができ、とても楽でした。
ウエディングドレス

ブーケとネックレスです。ブーケは追加オプションを払ってアップグレードしました。
ブーケとネックレス

ガーデンの様子です。外にはビーチが見えます。ワイキキビーチですが、ビーチの人が見えないところが良かったです。
ザ・モアナチャペルのガーデン

チャペルの様子です。夫婦ともにカタログで見て一目惚れしました。実物も想像通り素敵でした。
ザ・モアナチャペルの内装

オプションのフラワーシャワーです。ガーデンに行くときに参列者にかけてもらいました。
ザ・モアナチャペルのガーデンでのフラワーシャワー

海外挙式をしようと思ったきっかけ

昔から、海が見える海外での挙式が夢だったからです。また、

  • 自分が主役となって人に見られることが恥ずかしく、自分のお祝いのためにご祝儀をもらったり、手間をかけてもらうことに申し訳ない気持ちが出てしまう性格だった。
  • お互い呼ぶ友人が少ない。さらに今住んでる場所とお互いの出身地が異なるので、開催する場所に悩む(どこで開催しても誰かが飛行機で来なくてはいけなくなる)。
  • かける費用は少なく、自分たちだけで楽しみたかった。

などといった理由から、海外挙式をすることに決めました。

アールイズ・ウエディングを選んだ理由

ネットで「海外挙式」と調べて出てきた、アールイズとワタベウェディングに話を聞きに行きました。

ワタベウェディングのチャペルは、ハワイの中心部から遠いところがメインでした。お互いハワイが初めてなので中心地で観光もしたいという気持ちもあり、さらにアールイズが提携しているモアナチャペルを一目みてお互い気に入ったのでアールイズに決めました。

また、夫はワタベウェディングの営業さんの熱意が強すぎて少し引いてしまったということも、アールイズにした理由の1つです。

当日の流れ

朝1番早い時間帯の挙式だったので、朝の4時には起きました。

ホテルの部屋までヘアメイクさんに来てもらって、ヘアメイクした後にホテル内にて撮影を行いました。ホテルでの撮影中に、挙式に参加する両親がホテルに到着し、撮影を見学する流れになりました。

挙式前に、簡単に神父さんからの挨拶と説明がありました。ベールダウンは母親に行ってもらい、バージンロードは父と歩きました。両親にも簡単に説明があったようです。

挙式終了後、一旦退場してからチャペルに再び再入場しました。チャペル内での写真撮影後、ガーデンに出て軽く乾杯し、写真撮影も行いました。

そして、リムジンで海岸まで移動して、ビーチにて撮影を行いました。ここまで全て午前中には終わったので、終了後はハワイ観光を行いました。

式場(ザ・モアナチャペル)の感想

ザ・モアナチャペルの内装

想像していた通り、チャペル内は真っ白で、外からの太陽の光が降り注ぎ、ガラス張りの外側にはガーデンの緑と青い空と青いビーチが広がっていました。

また、朝早い時間だったこともあるかもしれませんが、一般の人が見えるといったこともありませんでした。

ホテル併設のチャペルだったのでギリギリまで寝られたことと、両親と義理の両親は違うホテルに泊まってたのですが、アクセスが良い上に有名ホテルで立地もわかりやすいことから迷わず来ることができ、その点もよかったなと思います。

また、挙式時には、チャペルのシャンデリアの意味等が書かれている紙を貰いました。両親は「チャペルにもシャンデリアにも意味があるのか!」と大変喜んでいました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわりポイントは、せっかくの海外挙式、ハワイ挙式なのでビーチフォトツアーをいれた点です。逆にそれ以外は極力予算を抑えたかったので、あまりオプションはつけませんでした。

印象に残っていることとして、はじめは夫の両親がハワイ挙式に反対で、参列するかもわからない状態だったのですが、最終的に参列してもらえることになりました。

ただ、喜んでくれてるか当日までわからず不安だったのですが、当日は涙を流して感動してくださり、さらに一緒に写真も撮ってくれたことが印象的でした。

できあがった写真を見た夫が「こんな幸せそうな2人の顔みたのは初めて。海外挙式してよかった」と言っていたのも印象に残っています。

もちろん、私の両親もとても喜んでくれていたことも、印象に残っています。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ウエディングドレス

大変だったことはドレス決めです。予算もあるし、すぐ決められるだろうと思っていましたが、やはり一生に一度と思うと、なかなか決められませんでした。

最終的には予算を少し上げて、満足するドレスを決めることができました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ムービーオプションは高いし、結局見ないだろうと思ってつけていなかったのですが、帰国後に「やはりあの感動をムービーで見たい」と思うことが時々あり、つけておけばよかったなと思いました。

また、参列できなかった姉妹や祖父母にも見せてあげられたなと、後々になって気付いて少し後悔しました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ブーケとネックレス

インターネットで調べると可愛いドレスがたくさんあったり、写真もいろいろなロケーションで「あそこもここも撮影したい!」と思って、悩むかもしれません。実際、一生に一度と言われると、「あれもこれもせっかくだから」と思ってしまいがちです。

しかし、挙式後に思い出すことは、自分がどれだけ可愛いドレスを着て、どれだけ可愛いヘアセットをしたかよりも、両親や義理の両親の喜んでくれた姿と、自分たちをとても大切に育ててきてくれたのだという感動や、夫とこれから夫婦となって2人で生きていくんだという感慨深い気持ちでした。

なので、あまり悩み過ぎる必要はないと思います。それと、挙式後の生活も豊かに暮らすためにも、あまり散財しすぎないほうがいいかな?と私は思いました。

あと、私は披露宴等は全くしなかったのですが、こんな機会くらいしかないので、両親への感謝の気持ちくらいは手紙にしてプレゼントしたらよかったかなと思っています。