阪急交通社 ブライダルコンシェルジュに依頼して、オアフ島「ザ・モアナチャペル」で結婚式を挙げた、20代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 阪急交通社 ブライダルコンシェルジュ
年齢と性別 20代男性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ザ・モアナチャペル
宿泊先 モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:40万円
挙式代金:150万円
オプション料金:50万円
費用総額:240万円
オプション料金の内訳 ビデオ撮影:20万
写真撮影:10万
ブーケ:10万
ドレス:10万
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

ワイキキビーチをバックに一枚。幸せな撮影でした。
ワイキキビーチでのウエディングフォト

2人の誓いをここでも行いました。
ワイキキビーチでの誓いの様子

今から始まる挙式。少し2人ともドキドキして緊張モードです。緊張がすごかったです。汗
ザ・モアナチャペルの入り口での写真

挙式が始まる寸前です。前の扉の先はチャペルです。波の音がすごく聞こえました。
ザ・モアナチャペルでの結婚式が始まる直前の写真

ホテルの二階です。本当に式場・ホテル共に最高でした。また行きたいです!
モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパの2階で撮ったウエディングフォト

吹き抜けになっていて、下からの1枚も。
モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパの吹き抜けで撮ったウエディングフォト

こちらの写真はチャペルの外で撮りました。
ザ・モアナチャペルのテラスでの写真

趣のあるエレベーター内での1枚。
モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパのエレベーターで撮ったウエディングフォト

海外挙式をしようと思ったきっかけ

海外挙式には子供の頃から2人とも憧れがあり、また、ハワイでの挙式を夢見てました。

妻とは小学校からの付き合いで、高校生の頃から付き合っていました。大学生の頃からは結婚を意識していたので、貯金を2人でしていまして、今回ようやく夢が叶いました。

家族なども賛成してくれまして、友人や会社の同僚などにも承諾を得た事で、2人で新婚旅行を兼ねて海外での挙式を行うことができました。海外挙式を終えて「本当にやってよかったな」と思っています。

阪急交通社 ブライダルコンシェルジュを選んだ理由

手配会社は10社ほど話を聞きに行きました。また、結婚式の説明会ブースなどにも足を運んだりして、色々と悩みました。

最後の決め手になったのは、従業員さんの優しさや丁寧さ、そして金額などですごく安くしていただいた事も本当に大きかったと思います。また、ハワイでのやりたい事などの希望もすべて聞いてくれたことも決め手でとなりました。

挙式を無事に終えられて本当に感謝していますし、手配会社も阪急交通社さんでよかったと思っています。

当日の流れ

午前中はチャペルでの挙式でした。新郎新婦ともにメイクや服の着替えなどを午前8時頃から行いました。

2時間ほどで着替えが終わり、午前11時からチャペルでの挙式を行いました。神父さんに聖書を読んでいただき、誓いのキス、そしてボーカリストに賛美歌を歌っていただきました。

午後からは写真撮影を主に行いました。ホテルでの撮影、式場での撮影、そしてワイキキビーチでの撮影をしました。お昼は食べられませんでしたが、夜は2人でワイキキの高級ステーキ店で食べて、ホテルに戻りました。

ホテルの部屋のベットには、神父さんからのプレゼントで、バラの花がたくさんあり、妻は本当に感動していました。最後に、式場にお礼に行って、一日を終えました。

式場(ザ・モアナチャペル)の感想

ザ・モアナチャペルでの結婚式が始まる直前の写真

式場はホテルと連結していて、とても綺麗でした。モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパはハワイで最古のホテルという事もあり、従業員の方もとても親切で、おもてなしが本当に良かったです。

ワイキキビーチに面していて、海の波の音も聞こえていました。式場の中はハワイということもあり、色鮮やかで、ウクレレの音がなっていました。

神父さんも優しい方で、全員日本語も喋ってくれるので、英語が喋れない僕たちには本当に助かりました。式場のトイレや控え室などは綺麗ですし、ごみ等も無く、隅々まで手入れが行き届いている事を感じました。

こちらの式場では約50人ほど入れますので、家族や親族を呼んでの式もできますし、10年後はもう一度ここで結婚式を開催して、家族も呼びたいと思っています。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパの2階で撮ったウエディングフォト

こだわった事は、式場の場所とホテルのランクです。嫁との初めての共同作業で、初めての海外という事で、お金はたくさん使いました。また、旅行中や結婚式は常に笑顔でいる事はこだわりました。

印象に残っている事は、海外と日本のドレスの管理の違いです。国内でしたら、手袋をつけて慎重に扱うようなドレスも、海外ではとてもラフで、海岸をドレスのまま走れたり、本当に自由な写真を撮影させていただきました。

また、多くの海外の方が喜んでくれた事も印象的でした。知らない外国人の方も心から拍手をしてくれたり、ハグをしてくれたりと、日本と海外の違いを感じました。

本当に、海外での挙式、新婚旅行はやってよかったなと感じますし、再度妻とはハワイに行き、結婚式をする事を決めるぐらい印象的でした。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ハワイ到着が夕方で、次の日の朝からが挙式だったのですが、時差ぼけが抜けなくて、本当に辛かったです。午前中は頭が痛かったです。次回は、挙式を旅行の中日などにして、時差ボケをしっかりと解消してからにしたいと思います。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式に家族・親族は呼ぶべきだと思いました。本当に楽しくて幸せで、この事を家族や親族にもしっかりと見てもらい、2人の誓いを目に焼き付けてもらいたかったです。また、金額的にも余裕があったら、友人や同僚も呼びたかったです。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ワイキキビーチでの誓いの様子

私たちが海外で挙式をして良かったと思ったのは、新婚旅行と一緒に行う事ができる点や、ハワイの陽気な時間の中で開催できる点です。また、反省点は、家族・親族・同僚・友人を呼ぶべきだったと後悔しています。

また、打ち合わせはなるべく数多く国内で行う事が大事です。なかなか現地には当日まで行くことができないと思いますので、綿密に調整をする事が大事です。また、式場とホテルは海の近くで景色の良い所がおすすめです。

オプションなどは金額にもよりますが、人生で一回のチャンスですので、やりたい事はすべてやるべきです。

特に、ロケーションフォトは日本ではなかなかできない事ですので、ワイキキビーチの撮影をぜひぜひ行ってください。日本に帰ってから見直すと、本当に楽しかった思い出が蘇ります。

最後に、海外での挙式は本当に思い出深く、最高の気分になりますので、現在検討されている方はぜひ海外挙式をやってみてください。最高の2人のスタートが切れると思います!