ワタベウェディングに依頼して、オアフ島「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ
宿泊先 モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
参列者 2人+家族(計9人)
現地パーティー あり(挙式+パーティー)
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:70万円
挙式代金:41万円
オプション料金:80万円
別会社で衣装レンタル:12万
費用総額:203万円
オプション料金の内訳 ブーケ:3万
ヘッドピース:1.2万
フラワーシャワー:2万
ヘアメイク挙式同行、リハーサルメイク:8.5万
新郎ヘアセット:1.1万
アルバム:27.9万
動画:8.5万
食事1名追加:2.2万
ウェディングケーキ:3.1万
ゲストテーブル装花:1.6万
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

天井が高く、開放感がありました。天井にも窓があり、そこから光が入ってきてより明るく感じます。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの結婚式の様子

オプションで付けたフラワーシャワーです。花の色合いが可愛いかったです。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイのフラワーシャワー

チャペルの外観も可愛いかったです。空の青さもハワイらしい感じがします。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外観

こんなに長いリムジンに乗ることができるのは人生で一度ぐらいだと思います。コオリナまで少し距離があるので非日常感を感じながらゆっくり過ごすことができました。
結婚式のリムジン送迎の写真

わざわざ海辺まで移動しなくても、チャペルのすぐそばに、とても綺麗で人の少ないビーチがあったのでよかったです。
コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイのプライベートビーチ

持ち込みの小物も、事前に言っておけば全て希望通り撮影してくださいました。
ビーチフォトの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

姉がハワイ挙式をしていて、とても素敵だったので憧れていたことや、両親からも「また行きたいからハワイで挙式したら」という話をしてもらっていました。

私自身、姉の式を見ていたからか、国内で結婚式を挙げるというイメージがつかず、調べてみると国内より海外挙式の方が意外と安くなることもあると知ったことや、旦那も特に絶対国内で式を挙げたいというわけではなかったので、ハワイ挙式に決めました。

相手のご両親も新婚旅行がハワイだったらしく、「なかなか再度行くきっかけがなかったから良かった」と、すぐ了承してくれました。

ワタベウェディングを選んだ理由

他のプロデュース会社にも話を聞きにいきましたが、まずその時に説明していただいた方があまり経験のない方だったのか、途中で何度か他のスタッフに確認にいったりしていて、不安になりました。

そして、結構自由にしたいことを組み入れられるというスタンスだったので、「こうしたい」という希望があまりなかった私にとっては、イメージがわきにくかったです。

その後、ワタベウェディングで話を聞いた時に、「挙式などの流れがある程度決まっている中でこんなオプションがある」という感じだったのでイメージしやすかったことや、何より担当の方が信頼できそうな方だったのが決め手になりました。

当日の流れ

12時からの式だったので、朝ホテルの部屋にヘアメイクさんが来てくださりました。

メイクシーンの撮影などもオプションで依頼していたので、その後カメラマンさんも来られ、準備中のシーンや部屋を出るときなどの撮影をしてくださり、ヘアメイク後ホテルからリムジンでチャペルへ移動ししました。

リムジンから降りた瞬間から、別のカメラマンさんが動画や写真を撮ってくださっていて、その撮影後、改めて簡単に挙式の流れなどを確認し、挙式を行いました。

そのまま外へ出て、海の前で親族を含めての撮影。その後は親族にはパーティ会場で待機しておいてもらい、2人だけで撮影などを行いました。

そして、チャペルの隣にあるパーティ会場へ移動し、パーティ後はまたリムジンでホテルへ戻りました。

式場(コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ)の感想

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの結婚式の様子

担当の方から、コオリナという地区自体が砂漠のような気候と同じ感じで、ホノルルより雨が降る確率がかなり低いと教えてもらっていましたが、当日は本当にハワイらしい素晴らしい天気で、式場の中にも光が降り注いでいました。

プライベートビーチもパーティ会場も、すぐそばにあるので移動もすぐできてよかったです。

式場を探していた段階で、私の好みとして白っぽい式場がいいと思い、コオリナチャペルが候補に入ったのですが、式場自体が窓も多く、天気も良かったので、より内装の白さが際立っているように感じました。

正面の大きな窓からは広い海と青い空と、ヤシの木などの緑が少し見えて、本当にハワイ挙式のいい部分を全て詰め込んだような式場だったと思います。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイのフラワーシャワー

印象に残っていることは、式場に着いてからずっとアシスタントのような形で私のそばについてくださっていた方がいたのですが、その方のサポートが素晴らしかったことです。

ヘアメイクの方もヘアメイクだけしてくださるのかと思っていましたが、ホテルからリムジンに移動するときに高いヒールを履いて移動する私をずっと支えてくださったり、式場から海辺へ移動するときなども日傘をずっと差してくださいました。

結婚式という一生に一度のイベントをサポートしてくださるということは当たり前なのかもしれませんが、やっぱり無事に式が執り行われるか不安な中で、すごく細やかなサポートをしてくださったので、すごく安心感がありました。

やっぱり素敵な思い出に残る式にするには、サポートの方の力は本当に大切だと思いました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ワタベウェディングではない別のお店で衣装レンタルをしたので安くは済みましたが、自分達で衣装を持っていくのが少し面倒でした。

そして、一番は私の身長が低いため、ドレスに合わせて15cmぐらいはあるヒールを履く必要があったのですが、それを履いての移動が大変でした。

普通の道でさえ歩くのが大変なのに、海辺の撮影のときなど、砂場は歩きづらすぎて本当に疲れました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式後、海辺で2人で撮影している間はパーティ会場で親族が待ってくれていました。

私たちは撮影される側なのであまり感じませんでしたが、結構長い時間待っていただいていたようで、しかもその待ち時間は別の場所に行ったりしてはいけないと言われたと聞きました。

その後のトラブルなどを防ぐためには、パーティ会場で待っていただくのがもちろんいいとは思いますが、せっかくホノルルから少し離れたコオリナ地区に来ているので、ちょっと外に出たりできればいいのになと思いました。

あとはかなり細かいことですが、式の数日前に美容室へ行きましたが、その時のカットで顔周りの後れ毛の長さが違っていたみたいで、ヘアセットのときにどう引き出しても揃いませんでした。

写真などを見てもそこまではっきり写っておらず、後から考えればそれほど気にすることではないとは思いますが、当日はそのせいで少しテンションが下がったので、ちゃんと確認しておけばよかったと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイの外観

人気のチャペルは早く予約が埋まってしまい、希望の日にちや時間で予約がとれないこともあるみたいなので、やはり海外挙式をすると決めたら、早めに行動していくのがいいと思います。

チャペルによっては、予約をなるべく入れられるように、次の挙式までの時間をタイトにしているところもあると聞いたので、そういう部分も気にしておくといいと思います。

今回、なるべく安く済ませたかったので、衣装は別会社を利用しました。

自分で衣装を持って行ったり、大変な部分はありますが、プロデュース会社に用意してあるドレスより、幅広く自分の好きなものを選べたり、なにより10万以上は安くなったと思うのでよかったです。

会場までの列席者の移動はワタベではなく、個人で調べて評判の良かった会社で手配しましたが、こちらに関しても手配自体に少し手間はかかりますが、問題なかったので、安く済ませることができました。

その分、アルバムのランクを少し良いものにしたり、3分程度の動画オプションをつけました。

動画はつけるかどうか悩んでいましたが、3分だけでも当日の様子を素敵にまとめてくださっていたので、簡単に友人に見せることができたり、たまに見返すと当日のことを鮮明に思い出すことができます。

安く済ませたい場合は、高いお金をかけなくても大丈夫な部分は、多少手間がかかってもプロデュース会社以外のものを利用したりして、その分お金をかけたい部分に使うのがいいと思いました。

もちろん、トラブルがあって大切な結婚式が嫌な思い出になってしまうと元も子もないので、プロデュース会社以外を利用する場合は、口コミなどを見て、信頼できるかもしっかり調べておく必要はあると思います。