オアフ島「ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル」で結婚式を挙げました!(JTBウエディング)

更新日:2019年3月17日

JTBウエディングに依頼して、オアフ島「ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 結婚式の様子(画像)
  3. 海外挙式をしようと思ったきっかけ
  4. JTBウエディングを選んだ理由
  5. 当日の流れ
  6. 式場(ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル)の感想
  7. こだわりのポイントや印象に残っていることなど
  8. 大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)
  9. こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など
  10. これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

基本情報

手配会社 JTBウエディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 ハワイ・オアフ島
式場名 ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル
宿泊先 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
参列者 2人+家族(計9人)
現地パーティー あり(挙式+パーティー)
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 300万円
実際にかかった費用総額 旅費・基本挙式セットプラン:120万円 オプション:120万円 その他:25万円 総額:265万円
オプション料金の内訳 ・プレミアムパッケージ:266,000円(アルバム100,000円分、ロケーション撮影1ヶ所82,000円、パーティー108,000円分、ホールケーキ10名分16,000円が入った4万円分お得なプラン)
・アルバムアップグレード差額:200,000円
・パーティー撮影30分:36,000円
・パーティー装花:28,000円
・パーティー料理アップグレード差額:63,000円
・パーティー料理子供2名用:16,000円
・ヘアメイクアーティスト指名料:48,000円
・ヘアメイクイメージチェンジ&ロケーションフォト同行:52,000円
・フォトグラファー指名料:60,000円
・タキシード超過分:170,000円
・ドレス超過分:220,800円
・その他小物:40,200円
衣装のレンタル or 購入 ドレス:レンタル
靴・アクセサリー・タキシード:購入

結婚式の様子(画像)

コアウッドの壁が美しいカウイチャペル。天井が高く、上部の窓からは早朝の時間帯限定のキラキラとした光を見ることができます。正面の大きな窓からは、青い海とダイヤモンドヘッドが眺められる最高のロケーションです。
ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペルの内装

プリンセス気分が味わえる大階段。手すりのモチーフが綺麗でした。
ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペルの大階段

パーティー会場から見える景色。目の前が海なので、プライベート感があります。
ザ・テラス バイ・ザ・シーのパーティー会場から見える景色

ロケーションフォトのビーチ撮影。ハワイの壮大な自然が感じられる、お気に入りの1枚です。
ロケーションフォトのビーチの写真

ロケーションフォトのマジックアワー撮影。夕日が沈むまでの景色がとにかく美しく、写真に残せてよかったと思います。
ロケーションフォトのマジックアワーの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

お互いに披露宴はしなくていいという考えでしたが、ウェディングドレスは着たかったのと、大切な家族に花嫁姿を見てもらいたかったため、式は挙げる方向で考えておりました。

式場を探すにあたり、どうせならハネムーンも兼ねて海外でやろうということになりました。

お互いの家族に仕事や学校など休みを取ってもらうことになりましたが、こういう時でもないとなかなか行けないので、家族間の交流を図るためにも良い機会になると考えました。

場所は、何度か行ったことがあり、治安も良く、比較的安心できることからハワイに決めました。

JTBウエディングを選んだ理由

たくさんのプロデュース会社がありますが、住んでいるのが地方ということもあって、話を聞きに行くにも遠く、行きづらい状態でした。まずはパンフレットを多数取り寄せ、式場選びから始めることにしました。

そこで、目に留まったのが「ザ・テラスバイ・ザ・シー」。こちらの式場はタカミブライダルがプロデュースしておりますが、運良く週末にJTBでブライダルフェアを行うということで、直接話を聞くことができました。

トントン拍子に話が進み、その日のうちに日取りまで決めました。H.I.S.と相見積もりも取りましたが、さほど変わらなかったため、JTBでそのままお願いすることにしました。

当日の流れ

早朝6時より、宿泊先のホテルでヘアメイクと衣装の着付けを行いました。お仕度シーンの撮影もあったので、7時ごろからフォトグラファーの方が加わり、撮影して頂きました。

その後、8時ごろにホテルを出て、リムジンに乗って式場へ。ゲストは別のリムジンですでに会場入りしており、皆に出迎えてもらえました。

2人でチャペル内での撮影やリハーサルを済ませて、9時より挙式を行いました。時間にすると15分ほどで終わり、チャペル内で集合写真の撮影がありました。

その後、一旦外へ出てフラワーシャワーとレイセレモニーを行い、式場内にある大階段で撮影を行いました。

10時半より個室のパーティー会場で家族皆で食事をし、12時半にお開きとなりました。ゲストはリムジンでホテルへ戻り、私たちはそのまま近郊のビーチで、ロケーションフォトの撮影を行いました。

14時過ぎに一旦ホテルに戻り、17時からのマジックアワーの撮影まではドレスを脱いで自由時間となりました。

アテンドの方にホテルの部屋へ着付けに来ていただき、近郊の公園のようなところで18時半ごろまでマジックアワーの撮影をしました。

最後もリムジンでホテルまで送って頂き、全行程が終了。長いようであっという間の1日でした。

式場(ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル)の感想

ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペルの内装

式当日まで中を見られなかったためドキドキしていましたが、チャペルは想像以上の美しさでした。ザ・テラスバイ・ザ・シーには2つのチャペルがあり、白い方がナウパカチャペル、茶色い方がカウイチャペルでした。

私たちは落ち着いた雰囲気のカウイチャペルを選びましたが、ナウパカのお花が彫られたコアウッドの壁は温かみがあり、とても美しかったです。

当日は天候にも恵まれ、また朝一番の挙式ということもあり、天井近くの窓から差し込む光がキラキラと輝いて、大きな窓からはダイヤモンドヘッドを眺めることができ、最高のロケーションでした。

式場の中には迫力ある大階段もあり、プリンセス気分が味わえます。女性ならきっと憧れると思います。
ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペルの大階段

海の目の前に建つ式場なので、パーティー会場からの景色も美しく、絶景を独り占めしたような贅沢な気分で食事を楽しむことができました。

また、英語が不慣れな私たちにとって、日本人のスタッフが対応してくれることは大変ありがたかったです。大変人気のある式場ですが、他の花嫁様とバッティングしないよう、常にスタッフ間で連携をとってくれているので安心です。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわりのポイントは、家族皆が楽しめること、写真を多く残すこと、費用を工夫して抑えることの3つです。

式場は宿泊先のホテルから車で約15分の好立地であるため、ゲストの移動も負担が軽く済み、朝早く挙式をすることで、限られた滞在期間を有効に過ごしてもらおうと考えました。

また、写真を多く残すことで、後から振り返って楽しみたかったため、アルバムにお金をかけました。具体的には、ロケーション撮影をビーチとマジックアワーの2ヶ所にし、素人のカメラでは逆光になりやすいパーティー中の撮影もお願いしました。
ロケーションフォトのマジックアワーの写真

その代わり、席札やウェルカムスペースのイニシャルオブジェ、パーティー中に流すムービーなどは手作りし、削れるところは削って予算内に収まるよう工夫をしました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

海外挙式となると、どうしても国内と比べて情報量が少ないため、下見ができない式場の雰囲気や、味見ができない料理などの情報収集に苦労しました。そんな中、インスタグラムでの卒花さんの投稿がとても参考になりました。

また、私はドレスを日本でレンタルし、現地まで持って行きましたので荷物が多く大変でした。さらにブーケも持参したので、余計荷物になりました。スーツケースを2人で2個ずつ、計4個も持つのはきっと最初で最後だろうと思います。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式で思い残すことは特にありませんが、ロケーションフォトのビーチでの撮影の際、ドレスで写らないだろうと思い、厚底の白いビーチサンダルを履いていました。

しかし、実際は腰掛けて撮影するシーンもあり、写真にばっちり写ってしまいました。

ピンヒールだと砂浜に埋もれて歩きづらいので、新郎とお揃いのスニーカーなどにすればよかったなと思います。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ドレスは持込み料がかかるため、式場の提携店でレンタルしましたが、結構な金額です。後からドレスショップを調べてみると、可愛くて手頃な値段のドレスもたくさんありました。

持込んだ方がかえって安く済む場合もあるので、安易に提携店で契約をしない方がいいかも知れません。ですが、持込みの場合、現地でのメンテナンスも自分で行うことになりますので、その点は注意が必要です。

ドレスショップが遠方の場合、1回で決まる方はそう多くはいないと思いますので、通いやすいかどうかも考えた方がいいです。私の場合は、打ち合わせも含め隣県に4回通いましたが、結構大変でした。

また、初歩的なお話ですが、2人とも海外旅行の経験が無く、現地の言葉も話せない場合、イメージも湧かないまま搭乗手続きから知らない土地での移動など、初めてのことばかりで楽しむ余裕が無いかも知れません。

ただでさえ挙式前は気を遣うことが多いと思いますので、出来れば行ったことのある土地を選ぶことをおすすめします。

ページの先頭へ