ワタベウェディングに依頼して、グアム「ブルーアステール」で結婚式を挙げた、30代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代男性
挙式場所 グアム
式場名 ブルーアステール
宿泊先 デュシタニ・グアム・リゾート(デラックスオーシャンフロント)
参列者 家族計4人
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費:50万円
挙式代金:44万円
オプション:92万円
費用総額:186万円
オプション料金の内訳 フラワーシャワー:1.5万円
ウエディングケーキ:2.8万円
食事(列席者4名分):9.2万円
パーティ装花:2.9万円
美容師同行:3.9万円
ヘッドピース:1万円
アルバム(24ページ 40カット):21.8万円
ビデオ撮影(Blue-ray):16.8万円
レンタルドレス:30万円
早期割引特典:-5万円
合計:85万円(税抜き)・92万円(税込)
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

チャペルに到着してすぐに撮影した一枚です。チャペルとリムジンをバックに撮影しました。
ブルーアステール前でのウエディングフォト

挙式中のベールアップの写真です。バックに写った青空と白いチャペルが印象的な一枚です。
ブルーアステールでの結婚式の様子

挙式終了後に行ったフラワーシャワーでの一枚です。列席者の祝福がうれしかったです。
ブルーアステールでのフラワーシャワー

フラワーシャワー後に行ったビーチでの記念撮影での一枚です。嬉しすぎてジャンプしました!
ビーチでのウエディングフォト

チャペル側が用意してくださったウェルカムボードです。心配りがうれしいと感じた一枚です。
ブルーアステールが用意してくれたウェルカムボード

海外挙式をしようと思ったきっかけ

海外挙式を考えるようになった理由は2つあります。

自分の求めるイメージにぴったり

南国のイメージが強い場所での挙式に憧れていました。また、日本の沖縄も同様のイメージはありますが、非日常を味わえるという意味で、個人的には海外で挙げることも外せないポイントでした。

ハネムーンを兼ねることができる

ハネムーンは海外に行くことを想定していましたが、国内挙式にした場合はハネムーンの旅費と合わせて金銭的に厳しかったため、両方を兼ねることができる海外挙式に魅力を感じました。

ワタベウェディングを選んだ理由

理由は2つあります。

挙式と旅行が一括管理できる

大手旅行会社と同一のサービスを取り扱っているため、挙式・パーティの段取りだけでなく、移動・宿泊も一括で管理してもらえます。海外経験の乏しい自分にはありがたいと感じました。

サポート体制が万全

チャペルのある現地にもワタベウエディングの支店があり、挙式前日の打ち合わせや衣装合わせの再確認など、現地入り後にも密にフォローしていただける万全のサポート体制が心強いと感じました。

当日の流れ

ブルーアステール前でのウエディングフォト

朝、送迎車にてピックアップしていただき、ワタベウエディングの現地支社へ移動しました。その後、支社のサロンにて衣装とヘアメイクを行いました。ヘアメイクが終わると、リムジンに乗ってチャペルまで移動しました。人生初のリムジンにドキドキでした。

チャペルでは、青と白の美しい景色をバックに式を挙げました。挙式が終わると、チャペル内、そしてビーチやガーデンに出て、記念撮影を行いました。海をバックにした写真がとてもきれいでした。

記念撮影後にパーティー会場に移動し、パーティを行いました。オーシャンフロントの会場は景色もよく最高のひと時でした。また、ウェルカムボードも準備していただいており、大変うれしかったです。

式場(ブルーアステール)の感想

ブルーアステールでの結婚式の様子

気に入ったポイントが3つあります。

白亜のチャペルデザイン

夫婦ふたりを幸福へ導く「青い星」をイメージしたチャペルのデザインがとても気に入りました。海の青・空の青とチャペルの白亜の梁が織りなすコントラストが綺麗でした。

チャペル・祭壇の位置

チャペルは海抜から建物2フロア相当の高さにあり、近くを他の観光客が通りがかっても見えることはありません。

更に、チャペル入口から祭壇にかけては上り階段になっており、周囲の観光客が目に入らないだけでなく、海に浮いているかのような幻想的な景色を見ることができます。

単独で建設されたチャペル

ホテルと一体になっているチャペルの場合は、他の観光客やホテル関係者が出歩いていて、雰囲気がいま一つという思いがありました。

しかし、ブルーアステールはチャペル単独で建設されているために、式場には自分たちだけという状況になり、とても良い雰囲気で挙式できました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわりポイントが2つあります。

グアムという立地

家族が参列する計画だったのですが、ハワイやタヒチなどは時間がかかりすぎるために、特に家族の日程調整が難しかったです。そのため、3.5時間程度の移動時間で済むグアムかサイパンに立地を絞りました。

新郎新婦共に青と白が好きな色のため、それらを基調としたチャペルをグアムとサイパンで探しました。そして、最終的にはブルーアステールが気に入ったため、グアムに決定しました。

オーシャンフロントのホテル

ホテルからの景観はオーシャンフロントを必須条件にしました。ハネムーンを兼ねており、南国を存分に満喫するためには美しい海を一望できる部屋が大事だと思い、思い切って高めのグレードの部屋を押さえました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

まず、列席者とのスケジュール調整が大変でした。海外に渡航する関係で、国内挙式よりも多めに休みを取らなければなりませんので、家族全員の都合を合わせることに苦労しました。

そして、挙式と旅行の準備も大変でした。ハネムーンを兼ねていましたので、挙式と挙式後の旅行の準備を並行して進めたのですが、考えることや決めることが多く、思いの外、苦労しました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

持ち込みにしてでも、ブーケを造花に変更しておけばよかったです。妻の意向でブーケは残しておきたかったのですが、標準プランでは生花しか選ぶことができませんでした。

ただ、ワタベウエディングのご厚意で、ブーケの花を押し花にしてプレゼントしていただきました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ビーチでのウエディングフォト

プロデュース会社の店舗は自宅から近いところがおすすめ

電話やメールでやり取りを進めることもできますが、店舗に足を運んだ方が効率よく進められる準備もありますので、できれば自宅の近くに店舗があるプロデュース会社を選んだ方が良いです。

例えば、挙式や旅行のイメージを知るために写真や動画を見たり、衣装合わせをしたりする場合は、メール等では対応できません。

挙式と渡航を一括管理するプロデュース会社がおすすめ

理由は2つあって、1つは、一括管理してもらえるので単純に労力がかからなくて済みます。2つめは国内挙式より変更・キャンセルの自由が利くことです。

ワタベウエディングにおいては、渡航のキャンセル規定と挙式のキャンセル規定が同じになっており、30日よりも前であればキャンセルが可能です。国内挙式の場合は早いところで150日前からキャンセル料がかかってきますので自由度が全く違います。

変更に関しても、挙式30日よりも前であれば何度でもOKです。万が一都合が悪くなった時でも対応してもらえる可能性が大いにあります。

雨が少ない国で計画するのがおすすめ

例えば、ハワイに対してグアムの降水量は10倍以上多く、グアムは乾季であってもハワイの雨季と同等の降水量が見込まれます。

私たちの場合は挙式時に運よく晴れましたが、挙式後の旅行中に1日雨が降りました。「もしハワイのように降水量の少ない地域を選んでいれば、もっと旅行は楽しめたな」という後悔が少しだけ残りました。

移動時間や費用などの様々な要素もありますが、天気を最優先される方は、降水量の一番少ない地域の乾季を狙って計画するとよいと思います。