ワタベウェディングに依頼して、グアム「ブルーアステール」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 グアム
式場名 ブルーアステール
宿泊先 ヒルトン グアム リゾート&スパ
参列者 2人+家族+親戚+友人(計30人)
現地パーティー あり
国内パーティー 1.5次会を行った
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:30万円
挙式代金:30万円
衣装代:15.5万円
パーティー代:30万円
オプション等:14.5万円
費用総額:120万円
オプション料金の内訳 オリジナルブーケ:3万円
メイク同行:2万円
証明書フレーム:8万円
現地ドレスプレス:1.5万円
衣装のレンタル or 購入 ドレスはワタベウェディングのドレスを持ち込むとドレス持ち込み料がその当時は安くなったので、ワタベウェディングのドレスを購入しました。購入した場所はウェディング中古販売のサイトです。タキシードはまた別で購入しました。小物類は親族から借りました。

結婚式の様子(画像)

挙式会場です。海の中へ上がっていくような階段がお気に入り。キラキラしたガラスも写真に映えます。
ブルーアステールの内観

神父さんからの誓いの言葉を聞いている時。頭を下げ、祈りを聞きます。
ブルーアステールでの新郎新婦

まるで海の中に続いていくような、後ろからのショット。青い海と空が一体となってるこのショットがお気に入りです。
ブルーアステールでの結婚式の様子

波のようなドレスを選びました。挙式会場の雰囲気にも合わせました。
ブルーアステールでのウエディングドレスの写真

波のようなトレーンを前面に見せた写真。空へ上がっていくような感じでお願いしました。
ブルーアステールの外で撮った写真

子連れ結婚式で、どうしても撮りたかったショット。つるの剛士さんの挙式を真似ました。
ブルーアステールのビーチでの子連れ結婚式写真

ブライズメイドの集合写真。友人みんなが来てくれて、青いドレスが揃って挙式場がとても映えました。
ブルーアステールのビーチでのブライズメイドの集合写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

きっかけは義両親の勧めです。旦那さんの従姉妹がグアムで式を挙げており、「とても良かったから息子にも海外で挙げて欲しい」との要望から決まりました。

私自身、子連れ結婚だったのであまり結婚式自体も考えていませんでした。

しかし、義両親の勧めもあり、ワタベウェディングさんのHPを拝見したところ、海のように青く、キラキラ光る素敵なチャペルの写真を見て、一目惚れしました。

「絶対にここで挙げたい!」と思うようになり、海外挙式が決定しました。

ワタベウェディングを選んだ理由

結婚が決まる前、タレントのつるの剛士さんの挙式の様子をブログで拝見したのをきっかけに、ワタベウェディングさんを知りました。

海外で子連れ結婚式を挙げており、子供を挟んで浜辺で写真を撮っている姿がとても素敵でした。

海外挙式が決まった時は真っ先にそのことが思い浮かび、ワタベウェディングさんが浮かびました。

それから、ブライダルフェアで何社か他の会社さんも検討しましたが、チャペルや対応の良さを考え、ワタベウェディングさんに決めました。

当日の流れ

ブルーアステールでの結婚式の様子

当日は、まず準備のため、ホテルからワタベウェディングサロンに向かいます。ホテルにはお迎えが来てくれました。

サロンに着き、まずはオプションの再確認とオプションの清算がありました。お化粧・髪型などをはじめに行い、その後すぐに着替え始めます。着替え終わると、サロンからリムジンでチャペルに向かいます。

チャペルに着くと、着いた瞬間から写真撮影が開始されます。まず、リムジンに降りるところから、挙式場の目の前、リムジンの前など、色々な角度から写真撮影をします。

そして中に入り、控え室に通されます。まずは神父さんのご挨拶があります。

しばらくすると、先に到着していた両親がやってきて、ベールダウンを母にしてもらいます。この間も写真撮影は行われてます。

その後、参列者の入場があり、続いて新郎が入場します。

ブルーアステールでは「ローズセレモニー」が行われます。ローズセレモニーとは、参列者から白い薔薇を1本ずつ受け取り、最後に新婦に再度プロポースして薔薇を渡すというものです。

その後、ブライズメイドが入場し、続いてリングガールが入場。更に新婦が父親と共に入場します。

神父さんの誓いの言葉を聞き、誓いの言葉を述べます。その後は指輪の交換し、ロウソクに火を灯します。

そして、最初にあったローズセレモニーの薔薇を新婦に渡します。渡したらベールアップをし、誓いのキスをします。証明書に署名をし、新郎新婦は退場します。

その後、再入場し、写真撮影に入ります。まずは参列者全員や2人だけの写真など、色々なパターンの写真撮影があります。

中での写真撮影が終わると、中庭に出て写真撮影です。この中庭に出る際にフラワーシャワーがあります。

中庭で撮影後、そのままビーチ撮影に入ります。撮影が終わると、ドレスのままパーティー会場へ向かいます。

パーティーが終わるとウェディングサロンの方が迎えにきてくれ、サロンで着替えて、当日は終了です。

式場(ブルーアステール)の感想

ブルーアステールの内観

式場はパンフレットの写真通りの内装で、ガラスは青く、中はキラキラしていました。ガラスが青いせいか、普通のカメラでは青写りしてしまいました。

中は写真よりこじんまりしていましたが、窓の外にある砂浜より高台にあるので、チャペルの窓からそのまま海が見え、まるで繋がってるように見えてとても素敵でした。

中庭もあり、砂浜へもそのまま出れるので、撮影ポイントがたくさんある印象でした。参列者も自由に砂浜に出入りできました。

控え室はそんなに広くはないですが、落ち着いた雰囲気のお部屋でした。参列者の控え室もあり、飲み物も出して頂きました。椅子はそんな多くはなかったです。

トイレなど、ドレスのままでも入れるように少し広めに作られており、途中で行きましたが、とても助かりました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ブルーアステールのビーチでのブライズメイドの集合写真

海外挙式をするにあたって、ありがたくも友人が来てくれるとのことだったので、テレビで見た「ブライズメイド」をやったのがこだわりでした。

ブライズメイドの衣装も式場の雰囲気と合わせ、青色のドレスに統一し、ブーケも新婦と同じお花を使ったものを用意しました。

挙式も、リングピローやリングガールの花冠、ビーチ撮影での花冠など、手作りの物をなるべく多く取り入れ、オリジナルの挙式を感じられるように工夫しました。

ブーケも、ドレスも、ブライズメイドも、リングガールも、パーティー会場も、ほとんどこちらがオーダーし、用意したものでしたが、嫌な顔一つもせずに「全てやりましょう」と、プランナーさんに手伝って頂いたのがとても嬉しかったです。

ローズセレモニーも当日に教えて頂いたのですが、再度プロポーズをするというのがサプライズみたいで嬉しかったです。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

「オリジナルの挙式」かつ「なるべくお金をかけないこと」をコンセプトに考えていたので、国内で用意して持っていくものが多くて大変でした。

ドレスも持ち込みでしたので、スーツケースに入れて持ち込みました。

ブーケも現地調達だったり、パーティーも自分達手配になると英語対応が多くなり、意思疎通が取りにくかったり、伝わらなかったりと大変でした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

海外挙式だと、手伝ってくれた方や現地のプランナーさんにチップを渡す習慣があると直前に知ったので、チップを入れる袋などを用意し忘れたのが後悔の一つです。

また、当日は着替えもバタバタなので、プランナーさん任せのところがありました。

全てを任せていたので、ドレスが少し膨らみすぎていたのを気がつかず、足元が写真撮影の時に見えてしまっていました。

バタバタしていても、任せきりにせず、自分でちゃんと鏡でチェックすれば良かったと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ブルーアステールのビーチでの子連れ結婚式写真

海外挙式と国内挙式では習慣なども違うので、ブログなどで事前に情報収集をした方がいいと思います。

現地に行かないとはっきりとわからないもの、プランナーさんも聞かないと分からなかった情報などもあります。

ブーケはオリジナルのものをオーダーしたのですが、現地で作成してからの当日確認なので、オリジナルのブーケをオーダーする際は、写真等で色などをはっきり伝えておくことをオススメします。

ドレスは持ち込みの場合、プラス料金ですがプレス(アイロン)をかけてくれますので、事前に日本からオーダーしておくことをオススメします。現地に着くとドレスを預かりにきてくれ、プレスしておいてくれます。

プラス料金でのメイク同行も絶対にオススメです。暑い日差しの中で汗が垂れて、化粧もすぐにとれてしまいますが、その都度メイク直しや髪型を直したりしていただけるので、日中ビーチ撮影をする方は絶対につけた方がいいです。

髪型も、クイックチェンジというピンを外すだけのオプションで、変更が可能でした。挙式と雰囲気がガラッと変えれたので、とても良かったです。