JTBウエディングに依頼して、グアム「ブルーアステール」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 JTBウエディング
ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 グアム
式場名 ブルーアステール
宿泊先 オンワードビーチリゾート
参列者 2人+家族(計5人)※6人予定のところ1人欠席
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 150万円
実際にかかった費用総額 旅費:26万円
挙式代金:24万円
オプション:67万円
費用総額:117万円
オプション料金の内訳 アルバム:233,000円
両親へのビデオメッセージ:16,200円
ビデオ撮影:106,000円
ブーケ:45,000円
ヘッドピース(生花):11,000円
フラワーシャワー:14,000円
食事:102,000円(17,000×参列者6人分)
ドリンク(アルコール飲み放題):36,000円(4,500円×参列者&新郎新婦8人分)
装花:41,000円
ケーキ:22,000円
衣装持ち込み(タキシード):10,800円
衣装持ち込み(ドレス):32,400円
衣装のレンタル or 購入 私が身につけるものは全てレンタルです。夫のタキシードは数年前に身内で購入した者がいたため、そちらを着用。タキシード以外の靴やシャツ・ネクタイ等はすべてレンタルです。

結婚式の様子(画像)

ガラス張りの三角屋根が印象的な外観です。式場を決める際に、こちらの外観をパンフレットで見て即決しました。
ブルーアステールの外観

オーシャンビューが美しい内装です。バージンロードが階段になっているのも珍しい内装です。
ブルーアステールの内装

挙式の様子です。全面から日が当たるので、温室ハウスのようになってしまい、暑くて暑くて大変でした。
ブルーアステールでの挙式の様子

衣装とこだわりポイントです。グアムらしく、新郎新婦は純白、参列者にはラフなスタイルをお願いしました。
ブルーアステールでの家族写真

もう一つのこだわりポイントです。海外らしくリムジンの送迎を選びました。初期のセットプランにリムジン送迎が含まれていましたが、オプションになってもお願いする予定でした。
グアムのリムジン送迎

オプションのブーケです。グアムは生花が作れず輸入品になってしまうため、ブーケ代が高くびっくりしましたが、気に入ったもので撮影をしたかったので、オプションから選びました。
オプションのブーケ

私物の一眼レフで撮影した写真です。加工も何もしていません!天気も良く、最高の一枚が撮れました。
ブルーアステールの庭園でのウェディングフォト

ビーチでの撮影です。今にもスコールが降りそうな怪しい天気でしたが、雲の合間に撮影でき、とてもよかったです。
グアムのビーチでのウェディングフォト

海外挙式をしようと思ったきっかけ

兄夫婦がグアムで挙式し、その写真がとても美しく、日本では実現できないロケーションに魅力を感じました。

また、身内だけの挙式なら費用もかからず、全て自分たちでまかなえる(親に負担してもらわない)という点で、海外での挙式を選びました。

国内の場合、会社の人を招待する際に線引きが難しく、呼べなかった上司や同僚に申し訳がなかったり、上司がいることで同僚が思うように楽しめないといった点があるため、身内だけの海外挙式であれば、そのようなことを心配する必要がないというのも、海外挙式を選んだきっかけの一つです。

JTBウエディング・ワタベウェディングを選んだ理由

海外挙式の手順がわからず、とりあえず旅行会社(JTB)の海外ウエディングの窓口に話を聞きに行きました。

そこで、グアムでの挙式を希望と伝えたところ、式場を決めるよう言われ、特にこだわりもなかったため、その場でパンフレットを見て魅力的だったブルーアステールに決めました。

その当時、先着20名のブルーアステール限定の挙式プランがあり、そちらを使って申し込みました。

JTBウエディング側で式の日時を確認し、予約をしていただいたところ、「今後はワタベウェディングさんで衣装合わせや打ち合わせになります」と言われました。

そのため、プロデュース会社を選んだというよりも、ワタベウェディングが作った挙式ブランに申し込んだために他社は選べなかったという状況でした。

式場によっては、決められたプロディース会社でないと挙式ができないということも多いようなので、ブルーアステールもその一つだったのではないかと思います。

当日の流れ

ブルーアステールでの挙式の様子

当日はまず、ホテルから、メイク&ドレスアップのサロンまで、ワタベウェディングの送迎車で移動し、そこですべてを済ませてから式場に移動でした。

メイクの前に1時間程の打ち合わせがあり、式の流れや料理の確認など、事前に申し込んだ内容の確認を行いました。

打ち合わせが終わると、私の方から先にメイクとドレスアップを行い、終わるタイミングで夫が入って来て、タキシードに着替えました。

着替えが終わると式場に移動のため、ワタベウェディングのサロンからリムジンに乗り、ブルーアステールまで移動。式場にリムジンが着いたタイミングで、撮影がスタートしました。

入口前とリムジンでの撮影を済ませたあと、別室で牧師さんと顔合わせをし、リングピローに乗っている指輪の確認を行いました。

ベールダウンをお願いしていた父も同席し、バージンロードを歩く練習を数回行い、直前にベールダウンをしてもらいました。

参列者が全員式場に入ったのを確認し、サンクスメッセージを流しました。双方の親への感謝を込めたムービーです。私達は扉付近のモニターから確認し、終わったタイミングで夫が入場、続いて私と父が入場しました。

式は以下の順で進みました。

  1. 牧師のお話
  2. 誓いの言葉
  3. 指輪の交換
  4. キャンドル儀式
  5. 祝福の祈り
  6. 結婚宣言
  7. 誓いのキス
  8. 結婚証明書署名

一度退場してからチャペル内で撮影会を行い、フラワーブーケをしてもらいながらビーチに移動しました。ビーチでは撮影をするのみでした。

撮影が終わり、パーティーです。ガーデンでケーキカットとファーストバイトを行い、2時間の食事会となりました。

食事会が終わると、その場でそれぞれの宿泊先に移動となり、一度解散となりました。帰りもリムジンでホテルまで送ってもらい、楽しい1日が終了しました。

式場(ブルーアステール)の感想

ブルーアステールの外観

三角形の教会風のデザインが印象的な式場で、海側に向かってステージがあり、その背面は全面窓でした。その窓から見えている海が、まるで合成した画像のように澄んだ青い色をしていて、本当にとても美しかったのを覚えています。

パンフレットで見たイメージ写真と全く一緒で、スマートフォンや手持ちのデジカメですら、パンフレットに使用できるのではないかというくらい、きれいに撮れるほどでした。

ただ、全面窓な上に、グアムでもここまで暑いのは珍しいというくらいの猛暑日だったため、肩を出しているドレスの私ですら暑く、タキシードを着ている夫は汗だくになりながら挙式をしました。

参列者も「クーラー効いているの?」というくらい、全員汗だくになるほどで、オーシャンビューの絶景でしたが、猛暑日にはつらい式場でした。

内装とは反対に、チャペルの周辺が整備されておらず、「雑木林のようなところを壊して人工のチャペルを建てた」という印象を受けました。

下見をせず、当日にホテルからリムジンで送迎でしたが、「こんなところにパンフレットで見たような、あんなきれいな式場が本当にあるのだろうか?」と思うほどでした(4年前なので今は変わっているかもしれません)。

そのため、ビーチでの撮影もちょっとカメラアングルを間違えると雑木林が写ってしまい、決まった位置からの撮影が多かったです。

それでもチャペルや観光名所の恋人岬をバックに撮影ができ、ガーデンでも撮影ができるため、周辺さえ気にしなければ満足できる式場だと思いました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

JTBウエディングで式場の日時の予約をした際に、「式後のパーティー(会食)はサンセットでいい雰囲気になるかもしれませんね」と言われていましたが、当日その通りになり、明るい時間とはまた違った式場を味わうことができました。

パーティー会場から自由にガーデンに出られるため、サンセットをみんなで眺め、ライトアップされたガーデンで最後の撮影をすることができました。ビーチでの撮影をメインにしていただけに、サンセットでの撮影は棚ぼたで印象的でした。

グアムは雨季があり、その時期にかぶらないよう10月の挙式にしたのですが、それでも着いた日から何度もスコールに見舞われ、天気を常に心配していました。

ところが、いざ挙式が始まると、現地の方も驚くような猛暑になり、パーティーの終焉までスコールに降られず、最高の天気で1日を過ごすことができました。

通りすがりのグアムの方たちが英語で祝福をしてくれたり、握手やハグをしてくれたり、挙式中に窓ごしから見える海やビーチから手を振っていたり、海外ならではの挙式を楽しめたと思います。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

ブルーアステールでの家族写真

国内での挙式は準備が多く大変と聞きますが、海外挙式は下見もできませんし、招待する人も少ないので、準備で特に大変だったことがありませんでした。

大変というより、困ったに近いことですが、ドレス選びに大変苦労しました。

もともとワタベウェディングが用意していた挙式プランの中に、ドレスとタキシードのレンタル代が含まれていました。

しかし、レンタルのドレスには選択肢が少ない上に、152cmと小柄な私にはレンタルのドレスがどれも大きく、7号のドレスはレンタルの用意がありませんでした。

「レンタル代との差額を支払って購入すれば、幅広いデザインからオーダーでピッタリのドレスができますよ」と言われましたが、ワタベウェディングのオーダードレスはレンタルの3倍以上の値段が平均的で、予想以上の出費に、購入を踏み切れずにいました。

一生に一度だから、気に入ったドレスが着たいけれど高すぎる…。そしてなにより、二度と着ないであろうドレスを家に置いておくのも嫌でした。

そこで、ネットでレンタル専門のお店を探し、格安で気に入ったデザインのドレスを見つけることにしました。

他社のドレスを着るということは、もともとのプランに含まれていたドレスとタキシードのレンタル代10万円分が無駄になってしまい、なおかつ持ち込み料がかかるということに不満はありましたが、それでも購入することを考えたらとても安く済み、気に入ったものをレンタルできるのでそちらを選ぶことにしました。

レンタル(持参)のため、ドレスの受け取りが出発前日になったり、自分で機内に持ち込まなければならない等の大変なことはありましたが、何度写真を見返しても、気に入ったドレスを着ることが一番だと思いました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ブルーアステールの庭園でのウェディングフォト

ウエディングフォトの撮影で、ポーズを決めておけばよかったと思いました。

やりたいポーズや撮影プランがなかったため、カメラマンが指示するままにポーズをして撮影してもらいました。出来上がった写真を見て、思い描いたウエディングフォトと違ったなと感じました。

SNSなどのウエディングフォトを見ると、ビーチを裸足で歩いていたり、寄り添って座って撮影をしたりしていて、そういったポーズをすればよかったなと少し後悔しています。

せっかくメイクさんも同行してくださったのだから、ヘアスタイルもおろしたものでラフな撮影もよかったかななど、見返すものが写真だけになってしまうので、写真に関する後悔が多いです。

あとはブーケについての後悔です。生花のブーケを持って帰ることができないため、プリザードフラワーを勧められました。

当時、あまり花に興味がなかった私は「1万円もかけてプリザードフラワーにしなくても…」と、滞在中のホテルでブーケを楽しみ、そのまま捨ててきてしまいました。

今となっては、家に飾る花がほしいなと思うたびに、結婚式で使ったブーケをプリザードにすればよかったなと後悔しています。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

グアムのビーチでのウェディングフォト

海外ウエディングは本当に安く済み、準備も少ないのでとてもおすすめです。

私達夫婦は、式を自分たちでまかないたいと思っていたので、ご祝儀なしで自分たちの資金で挙式できたことに満足しています。

挙式した友人たちから、双方の親が式の料金を負担してくれたと聞きますが、新婦側の方が出した額が多くて不満だと言った声や、新郎側が負担する気がないなど、そういった意見も聞きました。

それを踏まえ、私達はお祝いやご祝儀をもらわない代わりに、旅費と宿泊費を自己負担してほしいと双方にお願いしました。双方のお祝い金を比べることもしなくていいですし、好きなホテルを選べ、仕事の都合に合わせて宿泊日数も変えられます。

何より、チケットの手配がそれぞれの実家近くの旅行代理店でできるので、わからないことはすぐ聞きに行け、チケットも受け取りやすく、空港までのアクセスもそれぞれ違うので、共働きの私達としては手間が省けてとても助かりました。

特に私の母は初めての海外だったため、実家近くの代理店で気軽に聞けたのが安心だったようでした(私は近くに住んでいないので、直接チケットを渡したり、旅行プランの説明等をしてあげられません)。

親としては招待してほしかったようですが、お祝い金に差が出たりすることを考えたら、とても気が楽だったと言っていました。

また、国内で挙式をすると両親が各テーブルを回って挨拶をしたりと、参列者に気を遣いながらの挙式となりますが、海外で身内だけの挙式だったので、そういったことがなく、結婚式を純粋に楽しむことができたそうです。

服装も全員アロハシャツで出席してもらい、特に女性はドレスアップの必要がなく、ラフで良かったと好評でした。

国内の結婚式は親の協力が必須ですが、海外挙式だと本当にラフに楽しむだけなので、親も疲れることなく楽しんでもらえます。

家庭の理由で国内で盛大にという方には向きませんが、旅行感覚で全員で楽しみたいという方には海外挙式はとてもおすすめです。