ワタベウェディングに依頼して、グアム「セント・プロバス・ホーリー・チャペル」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 グアム
式場名 セント・プロバス・ホーリー・チャペル
宿泊先 ヒルトングアム・リゾート&スパ
参列者 2人+家族+親戚(計7人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 150万円
実際にかかった費用総額 旅費:50万円
挙式代金:22万円
オプション:55万円
衣装購入:31万円
費用総額:158万円
オプション料金の内訳 アルバム:21万円
ムービー:18万円
料理追加(ゲスト7名分):12万円
フラワーシャワー:1.5万円
ウェディングケーキ:1.8万円
フラダンス:1.5万円
合計:55.8万円
衣装のレンタル or 購入 ドレスとタキシードを購入

結婚式の様子(画像)

セント・プロバス・ホーリー・チャペルの外観です。自然に囲まれていて、そこからの景色は絶景です。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルの外観

チャペルの内装です。大理石調のバージンロードや、参列席に飾られている生花が素敵です。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルの内装

挙式中の写真です。牧師さんに誓いの言葉を述べているところです。
セント・プロバス・ホーリー・チャペルでの挙式中の写真

購入したウェディングドレス。プリンセスラインが可愛くてお気に入りです。
プリンセスラインのウェディングドレス

ビーチ撮影でのショット。夕日をバックに、とても幻想的に撮ることができました。
グアムのビーチフォト

オプションのフラダンスです。子どもも一緒になって踊りました。
オプションのフラダンス

ガーデンパーティーで、みんなが私たちに向けて木にメッセージを書いてくれました。
メッセージのプレゼント

海外挙式をしようと思ったきっかけ

学生の時に海外留学をしたのをきっかけに主人と出会い、そして結婚するに至ったので、もともと海外での挙式を視野に入れて考えていました。

私の地元と主人の地元が離れているため、どちらか一方に家族や親戚や友人を呼ぶのは難しかったという事もあります。

また、式を挙げようと決めたときには子供がすでに産まれていたので、改まってみんなを呼んで挙げるよりも、海外でカジュアルに新婚旅行や家族旅行を兼ねて、楽しんでやりたいと思ったので、海外挙式に決めました。

ワタベウェディングを選んだ理由

ホームページで見たときに、ウエディング専門の会社で海外挙式の実績が多くて、現地でのサポートもしっかりしていそうだったことが1番の理由です。

他の旅行会社等の挙式のセットプランより、細かく自分たちで選択することができたので、より自分たちらしい結婚式を挙げられると思いました。

また、実際に一度相談に行ったときに、分からないことだらけで話を聞きに行った私たちでしたが、一から丁寧に疑問や質問に答えて頂き、スタッフの方の対応も親切で良かったことから、ワタベウェディングは信用できると思い、決めました。

当日の流れ

当日は11時から挙式の予定だったので、主人と子供とホテルで朝食をとり、子供を祖父母に預けて、主人と2人で挙式の準備のために現地のサロンまで移動しました。

そこで当日の最終確認をしてから、すぐにメイクを開始しました。私の担当の方は海外のスタッフさんでしたが、英語と日本語を交えて楽しく会話をしながらやってくださり、ヘアメイクもとても満足のいく出来上がりでした。

支度が終わると、主人と私はサロンからリムジンで挙式場まで向かいました。チャペルに到着すると、写真とムービーの撮影をして、それから牧師さんに挨拶をしました。

入場前に扉の前で両親と顔合わせをしてから、いよいよ挙式が始まります。新郎が先に入場、ここで新婦の私は母にベールダウンをしてもらいました。2人で入場前にボロボロと涙を流したことを覚えています。

その後は父とバージンロードを歩き入場し、新郎とバトンタッチし、指輪の交換、キャンドルに2人で火を灯す儀式を行い、誓いのキスや結婚証明書に名前を書いたりしました。

一度みんなに見送られながら退場し、再び再入場してから写真撮影を行いました。この時には緊張が解けて、リラックスして撮影をすることができました。

そのあと、邸宅風のレストランでガーデンパーティーとビーチ撮影がありました。

家族がラウンジで休憩している間、私は控室でヘアチェンジをしてもらい、ガーデンへ行きました。ウェルカムドリンクで乾杯してケーキカットをし、ファーストバイトもすることができました。

そしてそのままビーチに出て撮影を行い、会食を行う頃には日が傾きかけて、きれいな夕焼けをバックに食事や会話を楽しむことができました。

オプションで付けたフラダンスも見るだけではなく、みんなで踊ったりと、本当に大満足な一日でした。

式場(セント・プロバス・ホーリー・チャペル)の感想

セント・プロバス・ホーリー・チャペルの内装

挙式場をいろいろと検討していく中で、いくつか候補がありましたが、他の式場にはない重厚感や木のぬくもりが気に入り、主人と話し合って決めました。

実際に事前に下見に行くことができないため、不安はありましたが、実際に行ってみると、高台から見てる自然豊かな木々の緑や、空と海の青さがとても綺麗で、まさに絶景で、感動したのを覚えています。

外観だけではなく、内装も大理石調のバージンロードや、参列席に飾られている生花がとても素敵でした。また、大きなパイプオルガンでの讃美歌も神聖な感じで、心に残りました。

スタッフの方々もその都度サポートしてくれて、涙でメイクが崩れたときにもすぐに直してくれたりと、至れり尽くせりでした。

グアムで挙式をするなら、セント・プロバス・ホーリー・チャペルがおすすめです。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

こだわりとしては、両家の家族そろって海外に行くこともなかなかないので、せっかくのこの機会に楽しんでもらえるようにしようと思いました。

挙式後のフラワーシャワーやバルーンリリース、レイの交換、ガーデンパーティーでのウェルカムドリンクは喜ばれました。

また、会食中は少人数ということもあって、一人一人と会話ができ、フラを見たり踊ったりと、子どもも大人も一体となって楽しんでもらえたと思っています。

日本の披露宴のように、自分たちの思い出の曲や好きな曲を流したり、2人の幼少期からのビデオを作って皆に見てもらったりなどもしました。

最後には両親への手紙も読むことができ、普段伝えられない感謝の気持ちを伝えることもできました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

プリンセスラインのウェディングドレス

海外挙式の計画をしている中で妊娠が発覚したので、購入したウエディングドレスのサイズを調整しなおしたり、ハネムーンで近くの島に行く予定だったのをグアム島のみに変えるなどの変更が大変でした。

挙式と旅行で手配会社がそれぞれ別だったので、どちらに質問すれば良いのかわからない時もありました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ドレスとタキシードを購入したのですが、今となって考えてみればレンタルでも十分だったかなと思いました。

購入してもレンタルとあまり金額が変わらない事と、現地で好きなドレスがもしかしたら貸し出し中で借りる事ができないかもしれないとの事で購入しました。

ただ、レンタルドレスの種類が豊富だった事や、ドレスやタキシードを持ち込むのに荷物になる事、そして帰国後の保管にも困ったりしました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

グアムのビーチフォト

海外挙式を考えてはいるけれど、なかなか決断することができない方もいらっしゃるかと思いますが、私たち夫婦は思いきって海外挙式をして本当に良かったと思っています。

私たちの場合は、国内で挙式をして披露宴をするよりもずっと安く挙げる事ができました。

また、国内で披露宴をやるのに比べて準備が断然に楽で、主人も仕事で忙しい人で、私も育児もありましたが、負担はあまりありませんでした。

何より、なかなか家族とゆっくり旅行することもなかったし、ましてや私の両親は結婚式でもない限り海外には行かないので、両親にもよいプレゼントになったのではと思います。

挙式に関しても、日本のスタッフの方々と現地のスタッフの方々が連携して、わからない事もしっかりとサポートしてくれたので、当日はスムーズに、そして気持ちにゆとりを持つことができ、チャペルでの神聖な雰囲気を存分に味わえました。

あと、ビーチでの写真撮影はロケーションが抜群にいいので、ドレスが映えて本当におすすめです。

自分たちだけではなく、来てくれた人たちも一生に一度の忘れられない思い出になると思うので、ぜひ海外挙式をしてみてはいかがでしょうか。