アールイズ・ウエディングに依頼して、グアム「ザ レインボーチャペル」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 アールイズ・ウエディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 グアム
式場名 ザ レインボーチャペル
宿泊先 ホテル・ニッコー・グアム
参列者 2人+家族(計7人)
現地パーティー あり
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 旅費:35万円
挙式代金:42万円
オプション料金:55万円
費用総額:132万円
オプション料金の内訳 ハクレイ:1万円
ビデオ:11万円
リハーサルメイク:3.5万円
食事:15万円
アルバム:20万円
衣装のレンタル or 購入 ドレスは他会社にて購入しました。アクセサリーやベールやグローブなどはメルカリ等のアプリで購入しました。タキシードはレンタルです。

結婚式の様子(画像)

チャペル前で子どもと共に撮った写真です。非常に気に入っている1枚です。
ザ レインボーチャペルのウエディングフォト

挙式は神聖なものであり、撮影禁止だったため、再入場の際の写真です。
ザ レインボーチャペルの内装

チャペルの外観です。当日は天気も良く、チャペルの周辺の水面がとても綺麗でした。
ザ レインボーチャペルの外観

控え室での1枚です。当日のメイクは本当にイメージ通りにしていただきました。
ザ レインボーチャペルの控え室

挙式後の撮影タイムでの写真です。チャペル奥のビーチがとても綺麗で、気に入っています。
ザ レインボーチャペルの結婚式の様子

ゲストと一緒に島内を巡るオプションのトロリーバスツアーでの写真です。
トロリーバスでのツアーフォト

ビーチに降りて撮影した写真です。潮の満ち引きの関係で、チャペル前のビーチではなく、少し移動したところでの撮影になりましたが、天気も良く、最高でした。
グアムのビーチフォト

海外挙式をしようと思ったきっかけ

もともと夫が海外での挙式に憧れていたことが一番の理由です。夫は恥ずかしがり屋の性格のため、大勢の人に挙式で見られることを嫌がっていました。

また、夫と私は出身地が離れており、国内挙式の場合は会場をどこにするのか、誰を招待するのかが難しく、敬遠していました。

更に、結婚時にすでに私が妊娠しており、入籍から挙式までに時間が空いてしまったため、大勢の友人等を招待するよりも、家族のみでハネムーンを兼ねて行いたかったので、海外挙式を選択しました。

アールイズ・ウエディングを選んだ理由

当初は他会社を考えており、見積もりまで出してもらいましたが、接客態度やプラン内容に不信感を感じたため、再度考え直しました。

以前から旅行の際はJTBを利用しており、今回もJTBを利用して旅行のプランを立てて行きたかったので、JTBのフロア内に入っていたアールイズ・ウエディングなら子連れでも打ち合わせを行いやすいのではないかと思い、この会社を選択しました。

その分、時間と手間はかかりましたが、この選択をして本当に良かったと思います。

当日の流れ

グアムのビーチフォト

前日のリハーサルで、メイクや一連の流れは確認していたので、当日は主に身支度メインでした。

朝は7時30分にホテルに送迎がつき、そこから2時間かけてメイクや衣装支度を行います。2人の身支度が整ったところで、再度入場の際の歩き方や、神父との受け答えの練習を行いました。

10時頃に挙式が開始し、式自体は30分くらいだったと思います。挙式では誓いの言葉や誓いのキス、指輪交換などを行いました。そのあとはビーチに降りて撮影です。

また、私たちの結婚式場はゲストも含めてトロリーバスで島内を巡る無料オプション付きだったので、ゲストと共に島内を巡ったあと、チャペルに隣接するレストランで食事会を行い、15時頃に現地解散となりました。

式場(ザ レインボーチャペル)の感想

ザ レインボーチャペルの外観

写真や動画で見るよりも、実際の外観が本当に綺麗で素晴らしかったです。

当初、会場を決める際に外観よりも価格重視でいたため、あまり印象に残っていませんでしたが、この会場を選択して良かったと思いました。

レインボーチャペルという名前の通り、虹を主体としたチャペルの外装は、私たちをとても幸せな気分にしてくれました。チャペルを取り囲む池も、太陽の光が綺麗に反射して、とても美しかったです。

チャペルのすぐ奥がビーチのため、バージンロードから海が続いているように見え、「写真のロケーションが素晴らしい」と、ゲストからも非常に好評でした。

また、控え室や食事会場もチャペルから数十メートル以内に配置されており、ドレスでの移動が非常に楽でした。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

子連れで親しい家族のみを招待しての挙式だったため、最低限の装飾品以外は全て外しました。

そして、その分の浮いた費用をアルバムやムービーのグレードアップに使いました。貴重な家族での初海外を記録に残しておくことができたので満足しています。

また、挙式時、子どもがまだ1歳と小さかったため、大きい音などに反応して、挙式中に泣き出してしまうことがありましたが、海外挙式ということもあり、非常にフレンドリーな雰囲気で式を続行できたことが印象的でした。

国内挙式のように堅苦しくなく、リラックスして式に臨むことができたと思います。家族だけでなく、スタッフや神父一同が子どもをサポートしてくれたことが、とてもありがたかったです。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

国内での打ち合わせ回数は少なく、衣装もすぐに決定したため、事前の打ち合わせは比較的楽だったと感じています。

ただ、現地到着後の前日の打ち合わせの開始時間が遅く、全てが終了したのが22時過ぎというのが大変でした。次の日も朝早かったため、飛行機の疲労が残る中、挙式の身支度を開始しました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

笑顔の練習をもう少し事前にしておけばよかったなと思いました。

私も夫も写真慣れしていないため、表情がうまく作れず、苦笑いのようになってしまっている写真が何枚かありました。

後日、データを確認していくつか気になった写真があったので、そこが少し残念です。それ以外に関しては本当に満足しています。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ザ レインボーチャペルの結婚式の様子

海外挙式は国内挙式よりも高そうだと思われがちですが、旅行込みで意外と費用が少なくて済みます。

私たちはハネムーンと一緒にすることで式の余韻に浸ることができたので、是非とも可能ならばハネムーンと一緒にすることをおすすめします。

また、プロデュース会社は必ず数社を周ってから比較検討した方がいいです。

安く書かれているプランでも実際に必要な経費が含まれていなかったり、プラン内のドレスだとあまりにシンプルなものであったりと、結局オプションで追加することになって料金がかさみます。

私たちもオプションでかなりの額が追加されました。もし式の費用を節約したいと考えているならば、実際に詳細な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

ドレスは購入を勧められることもありますが、実際挙式後はほとんど着用する機会はありません。

格安でノーブランドのドレスを購入して持ち込むという方法もあるので、よくよく考えてから、購入なりレンタルなりを選択することをお勧めします。