ホワイトドアに依頼して、バリ島「アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラ」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ホワイトドア
H.I.S.アバンティ&オアシス(販売窓口)
年齢と性別 20代女性
挙式場所 バリ島(インドネシア)
式場名 アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラ
宿泊先 コンラッド・バリ
参列者 2人だけの式(参列者なし)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 150万円
実際にかかった費用総額 旅費:60万円
挙式代金:50万円
オプション料金10万円
費用総額:120万円
オプション料金の内訳 馬車:1万円
花かんむり:4000円
ビーチフォト:7万円
アルバム:1万円
衣装のレンタル or 購入 すべてレンタルでした。青山で選んで、現地に送っていただきました。

結婚式の様子(画像)

可愛らしいお花に溢れたウェディングロードです。スタッフの方々が花吹雪も用意してくれていて、暖かい拍手で見送ってくれました。
アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラのウェディングロード

素敵な屋根の下で撮影しました。中で誓いの言葉や名前を記しました。要所に可愛らしいお花が飾ってあり、とても雰囲気が良かったです。
アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラの結婚式の様子

オプションの馬車です。立派な馬を目の前にして少し緊張しましたが、優雅にホテル内を散歩して、非日常的な時間でした。
アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラにて馬車と撮ったウェディング写真

現地のスタッフの皆さんと。身内が居なかったのでファミリーみたいに撮ってくれました。とても楽しかったです。個性的な日傘が、インドネシアらしい雰囲気を出してくれています。
アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラのスタッフと撮ったウェディング写真

バックシャンなウェディングドレスです。後ろに長くて、スタッフさんにはずっと持っていただいて大変だったと思いますが、気に入ったドレスで挙式ができて満足です。ふんわりフリルが揺れて、とても素敵でした。
アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラにて新婦ウェディングドレスの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

お互い地元が違うことと、両親も片親だったので、もともと盛大な結婚式をお互いするつもりがなく、新婚旅行も兼ねて、海外挙式に決めました。

友達には「式しないの…」と残念がられる事もありましたが、私達夫婦の性格上、海外のんびり挙式が合っているという結論になりました。

ハワイグアムか、海が綺麗なところにハネムーンで行きたいというのは10代の頃から思っていたので、ハネムーンと合わせて挙式が出来るなんて、こんな一石二鳥な事はないと思い、気持ちは変わりませんでした。

ホワイトドアを選んだ理由

とても親切で、バリ島の魅力も沢山聞けたからです。正直、ハワイとグアムで悩んでいましたが、バリ島に詳しい担当の方で、「安いのに豪華な旅ができる」「特にアヤナリゾートは別格におすすめ」と、熱い意見を聞き、行ってみたくなりました。

また、やはりプランが分かりやすかったし、お得な情報や「1日だけスイートはいかがですか?」などの提案もしてくれました。

オプションは自分達で決めるものですが、相談したら親身に聞いてくださり、アドバイスもしてくださったので、こちらでこのままお願いしようとなりました。

当日の流れ

朝、ホテルのスタッフの方が部屋に迎えに来られて、ヘアメイク室に行きました。そのまま敷地内を移動して、9時から式開始です。9月でしたがまだ暑かったので、朝1で良かったです。

牧師さんの言葉は分かりませんでしたが、ちゃんと間を開けてくれたので、返事もできました。夫婦2人だけで挙げたので、現地のスタッフの方が楽しく盛り上げてくれました。

ブルーのお洒落なシャンパンを乾杯して、カメラマンの方(日本人で関西の方でした)に言われるがまま撮影をしました。とても楽しかったです。

途中、オプションで付けた馬車で移動したり、髪を下ろしてティアラから花冠にしたりしました。敷地内はとても広く、お花をバックにしたり海をバックにしたりと、バリエーション豊富な撮影ができて、本当に良い思い出になりました。

撮影が終わったのがお昼過ぎで、あとはホテルでゆっくり休憩して、夜ロックバーで1杯して、最高な1日となりました。

式場(アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラ)の感想

アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラのウェディングロード

扉が開いた瞬間、綺麗なお花ビッシリのウエディングロードが目に入り、感動しました。参列者はいませんが、席は置いてあります。インドネシアらしい緑が多い式場で、屋根の下で誓いの言葉や名前を記しました。

10人くらいの現地のスタッフさんと、綺麗な歌を歌ってくれるスタッフさん。そして明るいカメラマンの方のおかげで、2人で挙げているという感覚はありませんでした。

正直、外の式場というのもあって、楽しみにしていました。友達の結婚式も挙式は室内しかなかったので、自分自身が初の外での挙式でした。

9月でしたがインドネシアは暑くて、朝1の9時開始にして本当に良かったと思っています。気持ちの良い式場で素敵な式を挙げる事ができました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

同じドレスですが、ティアラから花冠に変える事で、海外挙式感を出せたことは良かったと思っています。

オプションで付けるか悩んだ馬車も、現地ならではの楽しみ方だと思いました。実際には運転はもちろんしませんが、主人が馬の運転席に座らせてもらったり、ゆっくりとホテルを馬車で移動するという非日常な演出が楽しめたのはとても良かったです。

別日にはビーチフォトで海に出ましたが、歩きやすい膝丈くらいのドレスに、主人もカジュアルな短パンの衣装で、2回撮影を楽しめた点も良かったです。

あと、最終日にスイートルームに泊まらせていただきました。窓から見る景色も部屋のゴージャス感も素晴らしかったです。ハネムーン兼挙式ならではの贅沢な旅行となりました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

道路はバイクも車も多く、運転もそんなに丁寧ではなかったため、少し怖かったです。

あと、ダイビングやビーチにも出て、泳ぎに行ったのですが、バリの海は波が荒く、溺れかけました。船酔いもして大変でした。場所によっては違うのかもしれませんが、プールだけで良かったです。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

アヤナリゾートのホテルの敷地内から出ると、少し治安が気になりました。

スパなどが安かったので出ましたが、アヤナの中でもジンバランなど、十分広く、回りきれないくらいだったので、ゆっくりしたい人はリゾート内だけでも十分に満足できる思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

アヤナ リゾート&スパ バリ アスマラの結婚式の様子

少しでも迷っているなら、絶対に海外で挙げた方が私は良いと思います。確かに友人を呼ぶというのは難しくなりますが、日本であの非日常的な演出は、なかなか経験できないと思います。

衣装については、3件ほど回りましたが、着れば着るほど難しくなるので、ある程度は絞ってから行ったほうが良いと思います。

実際にどんなドレスがあるか、見てから決めようと思っていましたが、1箇所目では「どんなイメージかも全くないのですか?」と言われ、少し不快な思いをしました。マーメード・Aラインなど、ある程度は考えておいた方が良かったと思いました。

最後に、海外挙式で不安な事は、やはり現地で言葉が通じない事です。そのため、ハワイとグアムが日本人向きで人気です。私も最初はどっちかしか頭にありませんでした。しかし、バリ島も日本語を喋れるスタッフの方が結構多くて、不自由はありませんでした。

逆に日本語ばかり聞くと海外旅行ムードが無くなるという話は納得で、私はバリ島がちょうど良かったです。海だけではなく、緑やお花などの自然も楽しみたい方には、バリ島がおすすめです。