ワタベウェディングに依頼して、バリ島「ウル シャンティ」で結婚式を挙げた、30代女性の体験談です。

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 30代女性
挙式場所 バリ島(インドネシア)
式場名 ウル シャンティ
宿泊先 ザ・ロイヤル・サントリアン
参列者 友人2人(家族なし)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 挙式のみ(ハネムーンは別途)
当初予算 50万円
実際にかかった費用総額 旅費:15万円
挙式代金:418,000円
オプション料金:0円
費用総額:568,000円
オプション料金の内訳 オプションはなし。挙式費用にすでに下記が含まれていました。
写真撮影(データ200カット)
新郎ヘアセット
新婦ヘア及びメイクセット
DVDハイライトシーン(DVD3枚)
レンタル衣装
衣装のレンタル or 購入 全て現地でレンタル

結婚式の様子(画像)

ドレスをハートマークにしてもらってガーデンで撮影しました。
ウエディングドレスの写真

ホテルの玄関前での撮影。バリっぽい雰囲気の写真が撮影出来ました。
ザ・ロイヤル・サントリアン玄関前の挙式写真

挙式後チャペル前での写真。ウエディング会社が手配してくださった現地の方々と一緒に撮影しました。
ウル シャンティ前での挙式写真

挙式後チャペル内での写真。オーシャンビューの景色に感激しました。
ウル シャンティ内での挙式写真

ガーデン内での撮影。ポーズを指定されて少し恥ずかしかったです。
ガーデン内の挙式写真

チャペル前のビーチにて。青々としたビーチ前で最高の写真が撮れました。
チャペル前のビーチの挙式写真

ザ・ロイヤル・サントリアン(今回挙式を行ったホテル)の宿泊したお部屋のプライベートプールの写真です。ビーチが目の前に見える一番良いお部屋を予約しました。
ザ・ロイヤル・サントリアンのプライベートプールの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

主人がインドネシア首都のジャカルタ駐在で、結婚を決めた時には主人は既にジャカルタに赴任していました。

国内での挙式・披露宴も考えてみましたが、私と主人の実家が離れている(私は関西出身で主人は東北出身)為、国内挙式の場所をどこで挙げるかで迷っていました。

また、新婦一人での挙式準備について周りの友人に相談してみたところ、招待状の送付など全て一人で行うのはとても大変とアドバイスをもらいました。

もちろん式場に招待状の送付などお願いすれば良いのですが、その分費用も余計にかかってしまうので、思い切って国内での披露宴を諦めて、海外挙式をする事にしました。

ワタベウェディングを選んだ理由

一度きりの海外挙式で、自分の満足のいく式場で挙式をしたかったので、一度バリ島へ下見に行きました。

1社別のウエディング会社(日系)を事前に予約して下見にいったのですが、パンフレットで見ていた写真の雰囲気と違った事、また、せっかくのビーチが式場からは全く見えず、式場の周りの雰囲気もあまり良くなかったので、そこの式場は諦めました。

そして、ネットでビーチがチャペルから見える挙式場を改めて自分で探し、ウル シャンティに直接行ってみたところ、たまたま別の日本人の方が挙式を終えられたところでした。

その場にいたウェディングプランナーの方に声をかけると、ワタベウェディングの方で、お話しを簡単に伺い、名刺を頂いたので、後日メールで問い合わせをし、そこで挙式を行う事にしました。

当日の流れ

前日からチャペルのあるザ・ロイヤル・サントリアンホテルに宿泊していました。挙式は11時からと、時間に余裕もあったので、部屋に朝食を持ってきてもらって、朝から優雅な時間を過ごす事ができました。

そして、9時からチャペル内の支度部屋にてヘアメイクを開始しました。その際にカメラマンの方も来られていたので、メイクや支度の様子等、カメラ撮影を行って頂きました。

その後、10:30から支度部屋にて簡単に挙式のリハーサルをし、11:00から挙式を行いました。挙式は1時間程度で終了しました。

その後、チャペル内での写真撮影、またビーチもすぐそばにあったので、ビーチでの写真撮影、更にガーデンへ移動し、ガーデン内での写真撮影を行い、大体12:30頃には全てが終わり、ホテルの部屋で着替え等を行いました。

式場(ウル シャンティ)の感想

ウル シャンティ前での挙式写真

白が基調になったチャペルで、一目見て気に入りました。また、ガラス張りになっていて、オーシャンビューが見渡せる式場で、当日は晴天にも恵まれ、ビーチの青さが際立って、とても素晴らしい挙式となりました。

新郎新婦と友人の控え室もきちんと別になっており、当日は挙式が始まるまで友人に会う事もなく良かったです。

また、バリ島の民族衣装を着た現地の方々にも一緒に参列してもらい、バリ島での挙式という気分がより一層高まり、日本の挙式では味わえない経験が出来ました。

ホテルの敷地内の式場なので、自分の部屋に戻るのにも1分もかからず、写真撮影が終わってからそのままお部屋でウェディングドレスを脱ぎ、係の方たちが早々に片づけてくれ、そこまで疲れることもなく助かりました。

とても満足のいく挙式となりました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

当日はウエディング会社の手配で男女合わせて3名が生歌を歌ってくれたのですが、挙式の雰囲気にすごく合っていたようで、友人がすごく感動し、涙を流してくれました。

その姿を見て、旦那も感極まり涙を浮かべていたので、私も我慢できず、挙式の間、涙が止まりませんでした。そのため、せっかくして頂いたメイクが少し崩れてしまい、挙式後の写真撮影前にメイクを直して頂きました。

海外ウェディングは日本国内とはまた違い、綺麗なビーチと素敵な音楽の雰囲気で気分がとても高まり、本当に良い思い出となりました。

また、ビーチ前での乾杯やチャペルを出てからのフラワーシャワーなど、リゾート感たっぷりの挙式に、開放的な気分が味わえてとても幸せなひとときでした。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

国内での準備が必要なかったので、そこまで大変ではなかったのですが、ウェディングプランナーの方との打ち合わせがメールのみで、直接お会いできたのがドレスの試着をした挙式前日でした。

きちんと挙式が行われるか少し心配もありましたが、当日は何も問題ありませんでした。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

挙式の内容では思う事は特にないのですが、唯一思うことはアルバム作成がオプション費用であった為、データでのみもらってアルバム代がかからないようにしました。

ただ、ウェディング会社にきちんとアルバムを作成して頂いた方が良かったのかなと少し後悔しています。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

海外挙式で難しいところは、なかなか現地に下見に行けないので、実際に挙式を行って、思ったものと違うと思う事もあり得るということです。

ウェディング会社から綺麗な写真のパンフレットを渡されて気持ちが高まることがあると思いますが、海外はやはり日本での挙式とは違うということを予め念頭においておいたほうが良いと思います。

私はたまたま下見に行けたので、写真と実物が思ったより異なる挙式場であった事に気付き、式場を再度考え直す事ができたので、とてもラッキーでした。

良い点悪い点含め、挙式場周辺の情報などを詳しく教えてくれるかどうかはウェディング会社によって異なると思いますので、もしも迷った場合には、ホテルの敷地内にある挙式場をお勧めします。

ホテル内であれば、移動もとても楽ですし、空調も効いていて、清潔なところが多いと思います。

あとはウェディングプランナーの方に、良い点だけでなく、あまり考えたくはないですが、良くない点もできるだけ聞き出し、リスクを予め想定する事も重要かと思います。