H.I.S.アバンティ&オアシスに依頼して、バリ島「ハーモニー・チャペル」で結婚式を挙げた、20代男性の体験談です。

基本情報

手配会社 H.I.S.アバンティ&オアシス
年齢と性別 20代男性
挙式場所 バリ島(インドネシア)
式場名 ハーモニー・チャペル
宿泊先 ムリア ヴィラス
参列者 2人+家族(計2人)
現地パーティー なし
国内パーティー なし
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 250万円
実際にかかった費用総額 旅費:50万円
挙式代金:40万円
オプション料金40万円
費用総額:130万円
オプション料金の内訳 ビデオ撮影:8万円
リハーサルメイク:3万円
タキシード&ドレスレンタル:15万円
ロケーションフォト&アルバム:7万円
ブーケ:2万円
ウエディングケーキ:1万円
コース料理:4万円
衣装のレンタル or 購入 全てレンタル

結婚式の様子(画像)

ムリア ヴィラスの外観です。最高にきれいな景色です。
ムリア ヴィラスの外観

宿泊先ヴィラのエントランス付近の写真ですが、広々としていて本当に開放的なところでした。
ムリア ヴィラスのエントランス

左上に見えるのが式場です。式場の大きな窓からは海が見えて絶景でした。
ハーモニー・チャペルの外観

チャペルの中での現地スタッフさんとの記念写真です。チャペルの中は広く、壁の作りや大きく切り抜かれた窓はとても開放的でした。

海からの流れてくる風は気持ちが良いのはもちろんですが、なによりもバリの乾季の時期は晴天の青空が続きますので、本当におすすめな場所になります。
ハーモニー・チャペルの結婚式の様子

チャペルの中で撮影した妻の写真になります。背景のきれいな海と高級感のあるチャペルの作りから感動を受けるショットになりました。

普段もきれいな妻がより輝きを増し、チャペルの雰囲気との相性も抜群に良かったです。どのようなドレスでも合うチャペルの雰囲気だと思います。
ハーモニー・チャペルの内装

チャペルの外での現地スタッフさんとの記念写真です。ゴミ1つないほど綺麗で、心地よい風と太陽の光を感じることのできる場所での撮影になり、とても気持ち良かったです。

この場所でウエディングケーキのケーキカットを行いましたが、すごく良い思い出となりました!
ハーモニー・チャペル前でのウエディング撮影

宿泊先のヴィラの部屋についているプールです。きれいな水で、気持ち良く泳いで遊びました。
ムリア ヴィラスのプール

宿泊先のホテルに着くと、ベッドの上にはタオルで作られた鶴さんがいました。バリ島のイメージとのギャップも感じましたし、なにより心遣いが大変嬉しかったです。
ムリア ヴィラスの鶴

ホテルには共用の大きいプールがあります。夜の景色もすごくきれいでした。
ムリア ヴィラスのホテルプール

ホテル内のバイキングです。女性の方は決まってこの場所に集まっていましたが、味の方もおいしかったです。
ムリア ヴィラスのバイキング

海外挙式をしようと思ったきっかけ

普段はなかなか海外に行くきっかけがないので、「挙式を思い出深くしたい」「貴重な体験がしたい」という気持ちが強く、結婚式は海外でしようと決めていました。

普段から仕事が忙しくて休暇が取りにくい会社でしたので、海外という日頃のストレスから解放された環境で、式を挙げたかったというのもあります。

あとは、周りや会社を気遣うことが嫌でしたので、身内だけで結婚式を挙げることにしたのですが、家族も旅行好きで大賛成だったので、最終的に海外挙式に決めました。

H.I.S.アバンティ&オアシスを選んだ理由

知名度の高いH.I.S.とJTBで悩んでいたのですが、情報収集と相談も兼ねて、地元のショッピングモールに遊びに行ったときにH.I.S.に寄ったことがきっかけとなりました。

選んだ理由が少し恥ずかしいのですが、「H.I.S.の店内の作りと明るさ」と「店員の表情」がすごく良かったのです。

結婚式を挙げるということを少しでも縁起が良いものにしたくて、私たちのことを深く考えて頂けそうな方からアドバイスなどをもらいたいと考えていたのですが、H.I.S.の方はとても親身になって説明してくれたり、アドバイスをしてくださりました。

女性の方だったのですが、本当に笑顔が素敵な方でしたので、この人からの提案でしたら絶対良い結婚式になると思えたのがH.I.S.を選んだ理由です。

当日の流れ

挙式自体は午前中の時間に設定しておりました。インドネシア時間の朝7時くらいに起きて8時くらいまでに食事を済ませます。

8時からはH.I.S.の従業員の方でバリに在住しているメイクさんに妻のドレスアップをして頂けました。その間に私自身の準備は私自身で済ませておきます。

9時半くらいに式場に足を運び、さっそくカメラマンさんに写真をパシャパシャ撮っていただき、式場を見学します。式が始まる前に、少しチャペルを見たり、景色を見たりなどの時間はありました。

10時に式をスタートしましたが、式自体はあっという間に終わり、ウエディングケーキの入刀や写真撮影に入ります。

その後はオプションで入れていたビーチフォトを行い、ホテル内にあるコース料理を食べて、昼からは自由時間になりました。

式場(ハーモニー・チャペル)の感想

ハーモニー・チャペル前でのウエディング撮影

大理石の床や芸術的な壁でできたチャペルはとてもきれいで、チャペルの中から海も眺めることができる素敵なところでした。海の水や式場にある水も透き通っていて、景色を見ているだけで本当に癒されるような環境です。

他には、式場の周りはしっかり手入れされた植物で囲まれており、空気も良く、見える景色全てに感動があります。バリの笑顔と楽しさが溢れるような雰囲気です。

カメラマンさんやメイクさんは日本人の方なのですが、現地の言葉も少し分かるみたいで、現地の方との距離感も身近に感じることができました。

自分自身の経済的な部分もありますが、「10年後…20年後…、どこかのタイミングで同じ日同じ場所で結婚〇周年記念として、もう一度式を挙げたい」と、心から思える場所でした。

「絶対に挙げるぞ!」という気持ちで、今現在も頑張っております。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

ムリア ヴィラスの外観

人それぞれですが、インドネシア自体のイメージは、ハワイやグアムなどと比較して、環境は少し落ちると判断する方が多いと思います。しかし、それは田舎の町中の話です。

式場は本当にきれいで美しいです。私はヴィラとホテルの両方に宿泊しましたが、ヴィラもホテルも設備は抜群に良く、しっかりとした洋風の部屋の内装はとても素敵なものでした。

宿泊中のホテルでは、バイキング形式のところで食事をしていたのですが、食事会場はとても広く、日本料理もあり、とてもおいしかったです。

結婚式以外は旅行もかねて行っていたので、ビーチで「シーウォーカー・パラセーリング・フライボート」などで遊ぶこともできました。

バリ島の挙式はコストパフォーマンスも良く、意外にも不自由なく過ごせました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

結婚式で特に心配するのが、雨などの天候についてだと思います。

私はバリ島の乾季の時期に行きましたので安心していたのですが、私が飛行機で到着した翌日にバリ島の火山が噴火しました。

まれにあるものだといいますが、そのせいで私とは到着の予定を遅らせていた私の家族がバリ島に来ることができませんでした。火山灰の影響とのことです。

もちろん結婚式には参列することができませんでした…。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

とても満喫することができましたので、特にありません。しいて言うならば、現地の食事をもっと食べたり飲んだりしておけば良かったかなと思いました。

日本料理や洋食屋も多くありましたので、どうしてもそちらに足を運んでしまいました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

ハーモニー・チャペルの外観

結婚式のプランを立てているときに「ハワイやグアムが王道」という話もよく見聞きしましたが、私はやっぱりバリ島をおすすめしたいです。

アジアということでバリ島に抵抗感のある方もいるかと思いますが、本当に環境や雰囲気も素敵なところでした。現地の物価も安いので、たくさんお買い物も楽しめます。

バリ島の式場もきれいなところが多いので、すごく悩まれるかもしれませんが、H.I.S.やJTBなどの有名な会社が勧めている式場なら、どこも素敵に違いありません。

その中でも、私達の行ったムリア ヴィラスは絶対間違いがないと思います。式場となるハーモニー・チャペルも素晴らしかったです。

私たちは5泊7日で行きましたが、ホテルとヴィラの両方に宿泊することをおすすめします。3泊ホテルで2泊ヴィラでしたが、3泊をヴィラにしておけば良かったかも…とも思っていますので、ヴィラを長めにすると良いかもしれません。